オススメのバンドTシャツ一覧・まとめ

通販で購入できるロック/パンク/ヘヴィメタル・バンドのTシャツ・パーカー等のグッズを一覧でまとめています

Suicidal Tendencies/スイサイダル・テンデンシーズ


AmazonのSuicidal Tendenciesストア
AmazonのSuicidal Tendenciesの服&ファッション小物 一覧

主なディスコグラフィー
スタジオアルバム
1983 - Suicidal Tendencies
1987 - Join the Army
1988 - How Will I Laugh Tomorrow
1989 - Controlled by Hatred/Feel Like Shit...Déjà Vu
1990 - Lights...Camera...Revolution!
1992 - The Art of Rebellion
1993 - Still Cyco After All These Years
1994 - Suicidal for Life
1999 - Freedumb
2000 - Free Your Soul and Save My Mind
2010 - No Mercy Fool! / The Suicidal Family
2013 - 13
2016 - World Gone Mad

コンピレーションアルバム
1992 - F N G
1997 - Prime Cuts
2010 - Playlist: the Very Best of Suicidal Tendencies
2013 - Collection

EP
1998 - Six the Hard Way

映像作品
1990 - Lights...Camera...Suicidal
2010 - Live at the Olympic Auditorium [DVD] [Import]


バンド略歴
 1980年にカリフォルニア州ヴェニスにてMike Muir/マイク・ミューア(ボーカル)、Mike Ball/マイク・ボール(ギター)、Mike Dunnigan/マイク・ダニガン(ベース)、Carlos Egert/カルロス・エゲルにより結成される。その後、マイク・ミューア以外は頻繁にメンバーチェンジを行いながら現在に至る。
 1983年にインディーレーベル・Frontier Recordsと契約し、1stアルバム「Suicidal Tendencies」をリリース。同作収録曲「Institutionalized」のミュージック・ビデオはハードコア・パンクとしては初めてMTVで頻繁にオン・エアされるなどの話題を呼び、ファンベースを大きく拡大していった。1987年には4年ぶりの新作となる2ndアルバム「Join the Army」をCaroline Recordsからリリースし、従来のハードコアパンクにスラッシュメタルの要素を加えた”クロスオーバー・スラッシュ”サウンドを披露した。1988年にはEpic Recordsから3rdアルバム「How Will I Laugh Tomorrow When I Can't Even Smile Today」をリリース。スピードメタルバンド・No MercyのギタリストだったMike Clark/マイク・クラークをメンバーに加えて制作された「How Will I Laugh Tomorrow When I Can't Even Smile Today」は、前作以上にメタル色の強い作品となった。1989年にはベーシストとしてRobert Trujillo/ロバート・トゥルージロが加入し、4thアルバム「Controlled by Hatred/Feel Like Shit...Déjà Vu」をリリース。1990年にはファンクの要素も取り入れた5thアルバム「Lights...Camera...Revolution!」をリリースしてスマッシュヒットを記録した。同年にはMegadethSlayerTestamentと共にClash of the Titansと題したワールドツアーを開始。
 その後、マイク・ミューアはロバート・トゥルージロ、と共にサイドプロジェクトとしてファンクメタルバンド・Infectious Groovesを結成。Jane's AddictionのStephen Perkins/スティーヴン・パーキンス(ドラム)、 ExcelのAdam Siegel/アダム・シエゲル(ギター)もメンバーに加わったInfectious Groovesは1991年に1stアルバム「The Plague That Makes Your Booty Move...It's the Infectious Grooves」をリリース。それによりSuicidal Tendenciesはオルタナティブロックのファン層を獲得した。Suicidal Tendenciesとしても1992年に6thアルバム「The Art of Rebellion」をリリースし、Billboard 200ではバンド史上最高の52位にランクインした。1993年にはデビューアルバムの楽曲を再録した7thアルバム「Still Cyco After All These Years」をリリース。1994年には8thアルバム「Suicidal for Life」をリリース。同作はBillboard 200で87位にランクインしたものの、評価は芳しくなかった。同時期にSuicidal TendenciesとEpic Recordsとの契約も切れ、1995年にSuicidal Tendenciesは解散。その後、マイク・ミューアはCyco Miko名義で活動。ロバート・トゥルージロはOzzy Osbourneのバンドに加入した後、Black Label Societyを経てMetallicaのメンバーとなった。
 1996年にマイク・ミューアはマイク・クラークと共にSuicidal Tendenciesを再結成。新たにDean Pleasants/ディーン・プレザンツ(ギター)、Josh Paul/ジョシュ・ポール(ベース)、Brooks Wackerman/ブルックス・ワッカーマン(ドラム)がメンバーに加わり、1998年にEP「Six the Hard Way」を発表。初期のパンクメタル/スケートパンクのスタイルに回帰して好評を得た。その後、自主レーベル・Suicidal Records(設立は1987年)から1999年に9thアルバム「Freedumb」、2000年には10thアルバム「Free Your Soul and Save My Mind」をリリース。2001年にはブルックス・ワッカーマンがBad Religionに加入するためにバンドを脱退(後にAvenged Sevenfoldに加入)。また、ジョシュ・ポールもバンドを離れる。その後、マイク・ミューアが背中の怪我の手術をする必要が生じたため、Suicidal Tendenciesは一時活動を休止した。
 2010年には初期作品を再録した「No Mercy Fool!/The Suicidal Family」を発表。2013年には11thアルバム「13」をした。2014年にはメンバーのTim Williams/ティム・ウィリアムスが死去し、Michael Morgan/マイケル・モーガン(ベース)が加入。2016年にはSlayerのドラマーのDave Lombardo/デイヴ・ロンバードをメンバーに加え、12thアルバム「World Gone Mad」をリリースした。
 D.R.I.C.O.C.と並ぶクロスオーバー・スラッシュの草分けバンド・Suicidal Tendenciesです。そのパーカー・Tシャツ・キャップ等のグッズが人気の高いバンドとしても有名ですね。

 では、まずはウィンドブレーカーとパーカーをまとめて紹介していきます。
Suicidal Tendencies - ウインドブレーカー/Suicidal Tendencies - ジャケット(Amazon)


Suicidal Tendencies - パーカー(Amazon)


 どれも流行に流されることのないHCスタイルの定番アイテムです。

 続いて、ロングスリーブTシャツも一覧で…
Suicidal Tendencies - 長袖Tシャツ(Amazon)


 一枚着は勿論、冬場のインナーに着てもカッコいいアイテムです。

 では、次はバンド名がユニフォーム風にデザインされたTシャツを紹介します。
Suicidal Tendencies - Thirteen(Amazon)

 バックには”SUICIDAL / 13”の文字がプリントされています。

 さて、Suicidal Tendenciesではフリップ・スカルと呼ばれるスカルがマスコット的存在となっています。
 次は、そのフリップ・スカルのデザインされたTシャツです。
Suicidal Tendencies - Skull/Suicidal Tendencies - Flip Cap(Amazon)


 スカルがSuicidal Tendenciesのキャップを被っているのが特徴です。Tシャツのバックにはバンダナを巻いたスカルも描かれています。

 続いては…
Suicidal Tendencies - One Eye Skull(Amazon)

 こちらの片目のスカルもSuicidal Tendenciesを代表するデザインの一つです。

 Mike Muir(Cyco Miko)と同じようにバンダナを巻いたスカルも人気のデザインです。
Suicidal Tendencies - Cycomiko/Suicidal Tendencies - Cyco(Amazon)

 さすがに文句なしのカッコ良さですね。

 ではここで、モノクロのグラフィックのスカルTシャツを数種類まとめて紹介します。
Suicidal Tendencies - OG Brim(Amazon)


Suicidal Tendencies - Glow In Dark(Amazon)


Suicidal Tendencies - Cyco Vision (Amazon)


Suicidal Tendencies - OG Flip Skull(Amazon)


Suicidal Tendencies - Mohawk(Amazon)


Suicidal Tendencies - Road Crew(Amazon)

 どれもSuicidal Tendenciesならではのオールドスクールなデザインが圧倒的な魅力を放ちますね。

 スカル以外をモチーフとしたデザインでは、”Venice Skater”と名付けられたTシャツも人気です。
Suicidal Tendencies - Venice Skater(Amazon)


 SK8カルチャーと深い関わりを持つSuicidal Tendenciesらしいデザインです。

 更に…
Suicidal Tendencies - Old School Skater(Amazon)

 こちらのバンダナ・スカルのスケーターが描かれたTシャツも秀逸なデザインです。


 では、ここからは個別の楽曲やアルバムをモチーフとしたTシャツを紹介していきます。
 まずは、1983年リリースの1stアルバム「Suicidal Tendencies」収録曲『Possessed』のTシャツです。
Suicidal Tendencies - Possessed(Amazon)



 スカル・ペンタグラム・Goat(ヤギ)を組み合わせた王道デザインです。

 同じく1stアルバム収録曲『Won't Fall In Love』をモチーフとしたTシャツも制作されています。
Suicidal Tendencies - Won't Fall In Love(Amazon)


 こちらもスカルをモチーフとして華やかなデザインになっています。

 では、次は1987年リリースの名盤2ndアルバム「Join the Army」のカバーアートがデザインされたTシャツを紹介します。
Suicidal Tendencies - Join the Army(Amazon)

 全体的に人気の高いSuicidal TendenciesのTシャツですが、アルバムのアートワークが使用されたアイテムは珍しいです。「Join the Army」は”クロースオーバースラッシュの草分け”としてSuicidal Tendenciesのディスコグラフィの中でも重要な一枚であり、HC/メタル好きにとっては単なるファッションではなく格別な意味を持った一枚かと思います。

 続いては…
Suicidal Tendencies - Suicidal Army(Amazon)

 2ndアルバムのタイトルにちなみ”SUICIDAL ARMY”の文字がプリントされたTシャツです。星とスカルが組み合わされたバックプリントもクールです。

 1989年に4thアルバム「Controlled by Hatred/Feel Like Shit...Déjà Vu」のタイトルから”FEEL LIKE SHIT DEJA VU”の文字が大きく記されたTシャツも注目のアイテムです。
Suicidal Tendencies - Feel Like Shit(Amazon)

 文字だけでも十二分にインパクトを持ったデザインですね。

 1990年リリースの5thアルバム「Lights...Camera...Revolution!」からは…
Suicidal Tendencies - You can’t bring me down

 1曲目に収録された『You Can't Bring Me Down』のMVの一場面のTシャツが製作されています。

 ここで、2010年のワールドツアーのTシャツも紹介します
Suicidal Tendencies - World Tour 2010(Amazon)

 細部までこだわりを感じさせるデザインです。

 さて、Suicidal Tendenciesに関しては有名スケート・ブランドDOGTOWNとのコラボアイテムも注目です。以下で、コーチジャケット・パーカー・スウェット・ワークシャツ・Tシャツ・キャップを一覧で紹介します。
Suicidal Tendencies × DOGTOWN(Amazon)








 DOGTOWNの創始者がスケートボードチーム『Z-BOYS』の一員でMike Muir/マイク・ミューアの実兄でもあるJim Muir/ジム・ミューアであることから実現したコラボです。これ以上ない程に”オールドスクール・ハードコアスタイルを象徴するアイテム”という印象ですね。

 そしてSuicidal Tendenciesのグッズと言えば、非常に人気の高いキャップも忘れてはいけませんね。
Suicidal Tendencies - キャップ(Amazon)



 こちらもスケートパンクに欠かせないファッションアイテムです。カラーバリュエーションも豊富なのも嬉しいところです。

 続いて、ボトムスも…
Suicidal Tendencies - パンツ(Amazon)

 1ランク上のHCファッションに使えるアイテムですね。

 更にはマイク・ミューアのトレードマークであるバンダナも…
Suicidal Tendencies - バンダナ(Amazon)


 ぜひ押さえておきたいところです。

 では、最後にマイク・ミューアのサイドプロジェクトのファンクメタルバンド・Infectious Groovesのグッズも一覧で紹介します。
Infectious Grooves(Amazon)


 Suicidal Tendenciesのグッズと比べるとレアなアイテムです。

スポンサーサイト

Tシャツ選びのBGM
今日のBGM(不定期更新)
Ramonesの『Today your love, tomorrow the world』をカバーするThe Dickies
検索フォーム
カテゴリ
MC5 (1)
ALL (1)
Dio (1)
QRコード
QR