FC2ブログ

オススメのロック・バンドTシャツ/パーカー 一覧・まとめ

通販で購入できるロック/パンク/ヘヴィメタル・バンドのTシャツ・パーカー等のグッズを一覧でまとめています

Judas Priest/ジューダス・プリースト


AmazonのJudas Priestストア
AmazonのJudas Priestの服&ファッション小物 一覧
オールポスターズのJudas Priest商品一覧

主なディスコグラフィー
スタジオアルバム
1974 - Rocka Rolla
1976 - Sad Wings Of Destiny(邦題:運命の翼)
1977 - Sin After Sin(邦題:背信の門)
1978 - Stained Class
1978 - Killing machine(邦題:殺人機械・US:Hell Bent for Leather)
1980 - British Steel
1981 - Point of Entry(邦題:黄金のスペクトル)
1982 - Screaming for Vengeance(邦題:復讐の叫び)
1984 - Defenders of the Faith(邦題:背徳の掟)
1986 - Turbo
1988 - Ram It Down
1990 - Painkiller
1997 - Jugulator
2001 - Demolition
2005 - Angel of Retribution
2008 - Nostradamus
2014 - Redeemer of souls(邦題:贖罪の化身)
2018 - Firepower

ライブアルバム
1979 - Unleashed in the East
1987 - Priest Live
1998 - '98 Live Meltdown
2003 - Live in London
2009 - A Touch of Evil - Live
2016 - Battle Cry

コンピレーションアルバム
1993 - Metal Works 1973 - 1993
1997 - Best Of: Living After Midnight
2004 - Metalogy
2006 - Essential Judas Priest
2011 - Single Cuts
2011 - the chosen few
2012 - Judas Priest Complete Albums Collection
2013 - エピタフ [DVD]

映像作品
1986 - Fuel for Life [VHS] [Import]
1987 - Live [VHS] [Import]
1993 - Metal Works 1973-1993 [VHS] [Import]
2002 - ジューダス・プリースト・ライヴ・イン・ロンドン [DVD]
2003 - エレクトリック・アイ [DVD]
2005 - ライヴ・アット・武道館 (RISING IN THE EAST) [DVD]
2006 - ライヴ ’82 ~復讐の叫び~ [DVD]
2016 - バトル・クライ~進撃の咆哮 [DVD]/Battle Cry [Blu-ray] [Import]


バンド略歴
 1969年にイギリスのバーミンガムでAl Atkins/アル・アトキンス(ボーカル)らによって結成される。バンド名の由来はボブ・ディランの楽曲『The Ballad of Frankie Lee and Judas Priest』。同年11月に初ライブを行い、ツアーも敢行したが、1970年4月に解散。Judas Priestというバンド名はK. K. Downing/K・K・ダウニング(ギター)と Ian Hill/イアン・ヒル(ベース)とJohn Ellis/ジョン・エリス(ドラム)が結成したバンドに引き継がれることになった。その後、アル・アトキンスもバンドに合流する。結成当初はドラマーの変更が繰り返され、1973年にはアル・アトキンスも脱退。後任のボーカルとしてRob Halford/ロブ・ハルフォードが加入し、ロブ・ハルフォードの紹介でJohn Hinch/ジョン・ヒンチ(ドラム)もバンドに加わる。1974年にイギリスの小さなレコードレーベル・Gull Recordsと契約。1stアルバムをリリースする前にレコード会社の要請により、二人目のギタリストしてGlenn Tipton/グレン・ティプトンが加入した。
 1974年にBlack SabbathやBudgieの作品も手掛けたRodger Bain/ロジャー・ベインをプロデューサーに据えて1stアルバム「Rocka Rolla」を発表。その後にジョン・ヒンチが脱退し、かつてメンバーだったドラマーのAlan Moore/アラン・ムーアが復帰。1975年にReading Festivalで力強いパフォーマンスを見せ、1976年には2ndアルバム「Sad Wings of Destiny」をリリースし、次第にファンベースを拡大していった。
 2ndアルバムのリリース後にアラン・ムーアが再び脱退したものの、Judas Priestは1976年末にメジャーレーベルCBS Recordsと契約。1977年にはセッションドラマーを迎えてメジャーデビュー作となる3rdアルバム「Sin After Sin」を発表。翌1978年にはドラマーのLes Binks/レス・ビンクスを正式メンバーに加え、4thアルバム「Stained Class」・5thアルバム「Killing Machine」(アメリカでのタイトルは「Hell Bent for Leather」)をリリースした。1979年には来日公演の模様を収録した初のライブアルバム「Priest in the East」を発表。その後、レス・ビンクスが脱退し、新たなドラマーとしてDave Holland/デイヴ・ホーランドが加入。
 1980年に6thアルバム「British Steel」をリリース。この時期にデビューしたSaxon・Def LeppardIrom Maidenらに象徴されるNWOBHM(New Wave Of British Heavy Metal)の波に乗り、「British Steel」はUKアルバムチャートでバンド史上最高の4位を記録した。翌1981年には7thアルバム「Point of Entry」をリリース。1982年には代表曲の一つとなる『You've Got Another Thing Comin'』を収録した8thアルバム「Screaming for Vengeance」をリリースする。同作は全米チャートで17位に入りバンドは初のダブル・プラチナディスクを獲得する等、Judas Priestにとって最大のヒット作となった。その後も1984年に9thアルバム「Defenders of the Faith」、1986年に10thアルバム「Turbo」、1988年に11thアルバム「Ram It Down」をリリースして成功を収める。1989年終わりにはデイヴ・ホーランドが脱退し、新ドラマーとしてScott Travis/スコット・トラヴィスが加入。1990年には12thアルバム「Painkiller 」をリリースした。
 「Painkiller 」リリースに伴うツアーを終えた後、1992年にボーカルのロブ・ハルフォードがバンド脱退する。そこから数年間、Judas Priestはボーカルが不在の状況が続く。1996年にロブ・ハルフォードの後任としてRipper Owens/リッパー・オーウェンズが加入し、1997年に「Jugulator」・2001年に「Demolition」という二枚のアルバムを発表した。
 2003年、11年ぶりにロブ・ハルフォードがJudas Priestに復帰する。2005年には15thアルバム「Angel of Retribution」、2008年には16thアルバム「Nostradamus」を発表。2009年には5枚目のライブアルバム「A Touch of Evil: Live」をリリースし、収録曲の『Dissident Aggressor』が2010年のグラミー賞でBest Metal Performanceに選出された。2011年からはEpitaph World Tourを敢行したが、K・K・ダウニングはツアーに参加せずにJudas Priestを脱退する。後任のギタリストにはRichie Faulkner/リッチー・フォークナーが加入。2014年には通算16枚目のアルバム「Redeemer of Souls」をリリースし、USアルバムチャートでバンド史上最高の6位を記録した。2016年にはライブアルバム/DVD「Battle Cry」を発表。また、7月にはアメリカ・オハイオ州で開催されたAlternative Press Music Awardsでロブ・ハルフォードがBaby Metalと共演して話題となった。
 2018年3月には18thアルバム「Firepower」のリリースし、Billboard 200でバンド史上最高の5位にランクイン。また同年にはグレン・ティプトンがパーキンソン病のためにフルタイムでツアーに参加できないことが発表され、ツアーメンバーとしてAndy Sneap/アンディ・スニープ(ギター)が加入した。同年11月には日本ツアーも行われる。
 ”メタルゴッド”の異名をとる重鎮バンド・Judas Priestです。メタルファンならば”Tシャツを一枚は所有しておきたいバンド”の一つではないかと思います。

 2018年にリリースされた18thアルバム「Firepower」のパーカー・Tシャツから紹介します。
Judas Priest - Firepower(Amazon)


 さすがJudas Priestだけあって”これぞメタルアート”というような王道感の漂うデザインですね。このアートワークはClaudio Bergaminというアーティストにより制作されたものです。

 続いて、「Firepower」を引っ提げて行われた2018年のツアーTシャツです。
Judas Priest - Emblem City 2018 Firepower Tour (Amazon)


 渋みのあるカッコいいデザインです。バックにはツアー日程が記されています。

 次は初期作から1976年リリースの2ndアルバム「Sad Wings Of Destiny」のTシャツを紹介します。
Judas Priest - Sad Wings of Destiny(Amazon)

 このアートワークはPatrick Woodroffe/パトリック・ウッドロッフェというイギリス人アーティストの作品です。メジャーデビュー前の作品ということもあり、バンドロゴも現行のデザインとは異なる通好みのアイテムです。

 続いて、1978年にリリースされたJudas Priestの5thアルバム「Killing machine」のカバーアートがデザインされたTシャツです。
Judas Priest - Hell Bent for Leather(Amazon)


 この「Killing machine」のカバーアートを手掛けたのはRosław Szaybo/ロスワヴ・シャイボというポーランド人デザイナーです。70~80年代にCBS Recordsのアートディレクターを務めたロスワヴ・シャイボは、Elton John・Roy Orbison・Santana・Janis Joplin・The Clash・John Williamsなどの作品を含む2,000以上のアルバムカバーを制作したそうです。

 The Killing Machine/Hell Bent for Leather Tourの模様を収録したライブアルバム「Unleashed in the East」のカバーアートがデザインされたTシャツもオススメです。
Judas Priest - Unleashed(Amazon)

 メンバーの姿が登場するアイテムはJudas Priestでは貴重です。一枚のTシャツとしても”ロックTシャツの王道”を行くカッコいいデザインですね。

 そして、彼らの出世作ともいうべき6thアルバム「British Steel」のカバー後もロスワヴ・シャイボがデザインしたものです。
Judas Priest - British Steel(Amazon)



 後にバンドの愛称となった『Metal Gods』、そして『Breaking the Law』や『Living After Midnight』といった代表曲を含む言わずと知れた傑作アルバムです。そのジャケットでは、バンド名やアルバムタイトルを全面に押し出すことはせず、写真の中のカミソリに小さく記載するにとどめています。ジャケット写真をそのままプリントしたTシャツも唯一無二のインパクトがあり、尚且つスタイリッシュなデザインとなっていますね。

 続いて、Judas Priestにとって最大のヒット作となった1982年リリースの8thアルバム「Screaming for Vengeance」のアイテムを紹介します。
Judas Priest - Screaming for Vengeance(Amazon)


 『You've Got Another Thing Comin'』や『Electric Eye』といった名曲を含む”ヘヴィメタル必聴盤”の一つということで、そのTシャツも人気アイテムです。バンド名とアルバムタイトルは非常に小さく記されているデザインですが、HR/HMファンが見れば一目でその重みが解るアイテムです。

 「Screaming for Vengeance」のカバーアートにアレンジを加えたTシャツも注目アイテムです。
Judas Priest - Screaming for(Amazon)

 こちらはUKアパレルブランド・Amplifiedのアイテムで、落ち着いたカラーで渋く仕上げています。

 他にも「Screaming for Vengeance」に関するTシャツでは…
Judas Priest - Silver and Red Vengeance(Amazon)

 こちらは上部にバンドロゴ、下部には”Birmingham, England”の文字が入り、レトロな雰囲気がカッコいいデザインとなっています。

 そして「Screaming for Vengeance」に続いて1984年にリリースされた9thアルバム「Defenders of the Faith」のTシャツも必見です。
Judas Priest - Defenders Of Faith (Amazon)


 Tシャツのデザインという面ではJuds Priest、そしてヘヴィメタルというジャンル全体でも最高クラスの人気を誇るアイテムと言っても過言ではないと思われます。
 このアートワークを手掛けたのはDoug Johnson/ダグ・ジョンソンという人物です。彼は「Screaming for Vengeance」のカバーアートも制作しており、両アルバムの画のタッチは似ていますね。ちなみに「Defenders of the Faith」のカバーアートに登場する動物の形をしたマシーンには”Metallian/メタリアン”という名前が付いています。そして、アルバムの裏ジャケットには"Rising from darkness where Hell hath no mercy and the screams for vengeance echo on forever. Only those who keep the faith shall escape the wrath of the Metallian... Master of all metal.(無慈悲で復讐の叫びがこだまし続ける地獄という暗闇からやってくる。信念を守り続ける者だけがメタリアンの怒りからは逃れられるだろう...マスター・オブ・メタル)"と記されています。

 続いては、ロブ・ハルフォード脱退前の1990年にリリースされた12thアルバム「Painkiller」のTシャツを紹介します。
Judas Priest - Painkiller(Amazon)


 アルバムのカバーアートは収録曲『Painkiller』の歌詞世界を再現したものだとされており、バイクにまたがる半分人間・半分機械のキャラクターの名前がPainkiller/ペインキラーとのことです。歌詞によればPainkillerは荒廃した地球において空から現れた人類の救世主だとか…。ちなみに彼のまたがるマシーンはMetal Monsterという名前だそうです。
 このカバーアートは「Ram It Down」(1988年)から現在までJudas Priestの作品を手掛け続けているMark Wilkinson/マーク・ウィルキンソンによって製作されたものです。ちなみに、近年ではマーク・ウィルキンソンは2015年にリリースされたIron Maidenの「The Book of Souls」のカバーアートも手掛けたことでも有名です。

 「Painkiller」リリース後の1991年に行われたUSツアーの復刻Tシャツも注目のアイテムです。
Judas Priest - Painkiller US Tour 1991(Amazon)

 紺のボディにヴィンテージ風のプリントを用いてカジュアルに着こなしやすいデザインとなっています。

 続いて、「Painkiller」収録曲の『Touch Of Evil』のシングルジャケットのデザインされたTシャツです。
Judas Priest - Touch Of Evil (Amazon)

 メタルTシャツの王道を行く華やかなデザインが魅力的です。

 時は流れ、次は2008年にリリースされた16thアルバム「Nostradamus」のカバーアートがデザインされたTシャツを紹介します。
Judas Priest - Nostradamus(Amazon)

 Judas Priestの中では渋めのデザインとなっています。

 他にも「Nostradamus」に関連したアイテムでは…
Judas Priest - Nostradamus(Amazon)

 こちらのTシャツはアルバムのインナー・ポスターのデザインがフロントに、バックにジャケットのアートワークが描かれています。

 2011年6月から2012年5月に行われたEpitaph World TourのTシャツも要チェックです。
Judas Priest - Epitaph (Amazon)

 TシャツのキャラクターはEpitaph World TourのDVD/Blu-rayが販売された際のカバーにも描かれたものです。ちなみに、”Epitaph”というツアータイトルは2ndアルバム「Sad Wings Of Destiny」の収録曲に由来するものです。

 続いて、2014年にリリースされた17hアルバム「Redeemer of souls」のTシャツです。
Judas Priest - Redeemer of Souls(Amazon)

 このアートワークもマーク・ウィルキンソンが手掛けたものです。アルバムジャケットはカラーでしたが、Tシャツはモノクロで渋く仕上がっています。

 次はこの「Redeemer of souls」のカバーに登場したキャラクターをデザインしたTシャツです。
Judas Priest - Redeemer (Amazon)

 カラフルで華やかな王道メタルTシャツですね。

 では、最後にレディース・アイテムを一覧で…
Judas Priest - レディース(Amazon)


 こんな具合です。
スポンサーサイト

[ 2018/12/11 19:49 ] ハードロック/ヘヴィメタル Judas Priest | TB(-) | CM(-)
Tシャツ選びのBGM
今日のBGM
Phil Bozeman(Whitechapel)と共に『Unanswered』をプレイするSuicide Silence
検索フォーム
カテゴリ
Yes (1)
MC5 (1)
ALL (1)
Dio (1)
L7 (1)
QRコード
QR