FC2ブログ

オススメのロック・バンドTシャツ/パーカー 一覧・まとめ

通販で購入できるロック/パンク/ヘヴィメタル・バンドのTシャツ・パーカー等のグッズを一覧でまとめています

MC5/エム・シィー・ファイヴ


AmazonのMC5ストア
AmazonのMC5の服&ファッション小物 一覧
オールポスターズのMC5商品一覧

主なディスコグラフィー
スタジオアルバム
1970 - Back in the U.S.A.
1971 - high time

ライブアルバム
1969 - Kick Out the Jams

コンピレーションアルバム
1983 - Babes In Arms
1994 - Black to Comm
1994 - Power Trip
1995 - Looking at You
1995 - The American Ruse
1997 - Ice Pick Slim
1999 - '66 Breakout
1999 - THUNDER EXPRESS
2000 - Big Bang: Best of Mc5

ボックスセット
2004 - Purity Accuracy

映像作品
1999 - キック・アウト・ザ・ジャムズ [DVD]
2002 - MC5: A True Testimonial


バンド略歴
 1964年、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市にて10代からの友人だったWayne Kramer/ウェイン・クレイマー (ギター)とFred Smith/フレッド・スミス(ギター)が中心となり結成。1965年頃にMichael Davis/マイケル・デイヴィス(ベース)、Dennis Thompson/デニス・トンプソン(ドラム)、Rob Tyner/ロブ・タイナー(ボーカル)を加えた5人のメンバーが固定化される。
 連日デトロイトでライブを行い過激なパフォーマンスで多くのファンを獲得していったMC5は、同じくミシガン州出身のIggy Pop/イギー・ポップ率いるThe Stoogesと並び当時のUSハードロックシーンを牽引するバンドへと成長していった。1969年にはElektra Recordsからデビューライブアルバム「Kick Out the Jams」を発表。アルバムリリースの前にRolling Stone誌の表紙に登場し注目を浴び、タイトルトラックの冒頭で「KICK OUT OF THE JAMS, MOTHERFUCKER!」と叫ぶ等の過激な内容で論争を巻き起こした。当時MC5のデビューアルバムに対しては賛否両論があったが、後にパンクムーブメントの先駆けとして大きな評価を得ることになる。
 その後、Atlantic Recordsに移籍して1970年に「Back in the USA」、1971年に「High Time」と2枚のスタジオアルバムをリリース。しかし、そのセールスは伸び悩みレコード会社との契約を打ち切られる。1972年にマイケル・デイヴィスが脱退。残されたメンバーはロンドンで『Gold Rush』・『Inside Out』を収録したが、それが最後の録音となり、同年にMC5は解散した。
 1991年にロブ・タイナーが心臓発作で死去(享年46歳)。1994年にはフレッド・スミスがやはり心臓発作で他界した(享年45歳)。2003年、残りの3人のメンバーはThe DictatorsのボーカルのHandsome Dick Manitoba/ハンサム・ディック・マニトバと共にMC5を再結成。2012年にマイケル・デイヴィスが肝不全で死亡(享年68歳)するまでの9年間活動を続けた。
 60年代後半にアンダーグラウンドでの人気を博し、The Velvet Underground The StoogesNew York Dollsと並びPUNKの始祖と呼ばれるバンド・MC5です。当時それほど大きな商業的成功を収めたわけでもない伝説的存在だけに、そのバンTをセレクトして着用している人を見ると「やるな…」と感心してしまいますね。

 では、まずバンド名と星条旗を組み合わせた定番デザインのTシャツから紹介していきます。
MC5 - Americana(Amazon)

 洗練しきっていないデザインもプロトパンクらしくてグッときますね。シンプルに一枚のアメカジTシャツとしても非常に魅力的なアイテムです。
 このTシャツにはデビューアルバムのタイトルにもなった名曲『Kick Out the Jams』のフレーズが入っているのもポイントです!! ”Kick Out the Jams!”とは元々「いつまでもジャムってんじゃねぇ!」・「ヘタクソ、引っ込め!」くらいの意味のヤジの一種で、メンバーの周辺ではパンクであることを示す隠語的に日常的に使われていた言葉だそうです。それが次第にファンにより「あらゆる種類の制約を追い払う」というような革命・解放の精神の現れとして捉えられるようになっていったそうです。

 その”Kick Out the Jams”というフレーズを全面に押し出したTシャツも…
MC5 - Kick Out the Jams(Amazon)

 知らない人が見れば特別な意味を感じないでしょうが、パンク好き同士ならばすれ違いざまに分かり合えるアイテムですね。

 MC5では羽根の生えたパンサー(豹)もバンドのマスコットとなっています。
MC5 - Since 1964/MC5 - Panther(Amazon)


 60年代後半~70年代前半のPUNK誕生前夜の雰囲気を感じさせる様なアイテムですね。「これを着ていれば間違いなし!!」と言えるような鉄板のTシャツではないでしょうか?

 MC5はモーターシティ・デトロイト出身ということで、アメ車をデザインしたTシャツも人気です。
MC5 - CAMARO(Amzon)

 70sカマロがデザインされたレトロな雰囲気のデザインです。上のパンサーのTシャツと同様に、伝説的存在のバンTでありながら気軽に着こなせるカジュアルさが魅力的ですね。

スポンサーサイト

Tシャツ選びのBGM
今日のBGM
Traveling Wilburysの『Handle With Care』をプレイするTom Petty and The Heartbreakers
検索フォーム
カテゴリ
Yes (1)
MC5 (1)
ALL (1)
Dio (1)
L7 (1)
QRコード
QR