FC2ブログ

オススメのロック・バンドTシャツ/パーカー 一覧・まとめ

通販で購入できるロック/パンク/ヘヴィメタル・バンドのTシャツ・パーカー等のグッズを一覧でまとめています

Municipal Waste/ミュニシパル・ウェイスト


AmazonのMunicipal Wasteストア
AmazonのMunicipal Wasteの服&ファッション小物 一覧

主なディスコグラフィー
スタジオアルバム
2003 - Waste Em All
2005 - Hazardous Mutation
2007 - The Art of Partying(邦題:狂気のスラッシュパーティー)
2009 - Massive Aggressive(邦題:無敵のスラッシュ野郎ども)
2012 - The Fatal Feast
2017 - Slime and Punishment

バンド略歴
 2001年にバージニア州リッチモンドにてTony Foresta/トニー・フォレスタ(ボーカル)、Ryan Waste/ライアン・ウェイスト(ギター)、Andy Harris/アンディ・ハリス(ベース)、Brendan Trache/ブレンダン・トラーチェ(ドラム)により結成。DRISuicidal Tendencies、初期のCorrosion of ConformityNuclear Assaultなどから影響を受けたクロスオーバースラッシュ ・サウンドを確立していく。
 2002年にはBad Acid Tripらとのスプリット盤を発表。同年、ブレンダン・トラーチェが脱退し、Brandon Ferrell/ブランドン・フェレル(ドラム)が加入。2003年にはSix Weeks Recordsから1stアルバム「Waste 'Em All」をリリースした。その後、アンディ・ハリスとブランドン・フェレルが去り、Philip "Landphil" Hall /フィリップ・”ランドフィル”・ホール(ベース)とDave Witte/デイヴ・ウィッテ(ドラム)が加入。
 2005年にはEarache Recordsと契約し、2ndアルバム「Hazardous Mutation」をリリース。2007年にはDestructionと共にUSツアーを敢行。同年、HatebreedやShadows Fallを手掛けたZeuss/ゼウスをプロデューサーに迎え、3rdアルバム「The Art of Partying」をリリースした。アルバム発表後にはヨーロッパツアーも行った。2009年には4thアルバム「Massive Aggressive」をリリース。2012年には5thアルバム「The Fatal Feast」をリリースし、Billboardのニュー・アーティスト・チャートで1位を記録。2017年6月には6thアルバム「Slime and Punishment」のリリースした。
 Municipal Waste以外でも、トニー・フォレスタはIron Reagan、フィリップ・”ランドフィル”・ホールはCannabis Corpseの中心メンバーとして活動していることでも知られる。
 ハードコアパンクとスラッシュメタルを掛け合わせたクロスオーバースラッシュメタルバンドのMunicipal Wasteです。個々の作品のアートワークにもこだわりを感じさせるバンドで、そのグッズにも”ポップだけどグロテスク”という絶妙なバランスの個性的なアイテムが揃っています。

 では、まずは最近になって販売が開始されたトランプ大統領をモチーフにしたパーカー・Tシャツから紹介します。
Municipal Waste パーカー/Municipal Waste Tシャツ(Amazon)


 自らの頭部に銃をぶっ放すトランプ氏のイラストが入っています(パーカーはバックプリントにイラスト)。良い感じに耳が吹っ飛んでいますね。トランプ氏を皮肉るアイテムは既にいくつかのロックバンドが発表していますが、Municipal Wasteは一段と過激です。

 続いては”Barfing(嘔吐)と名付けられたTシャツです。
Municipal Waste Tシャツ(Amazon)

 スーツ姿の男が嘔吐物の犠牲となる過激に描かれています。バックには”SPEED METAL DRUNKS”の文字が入っているのもアツいです。

 次はネズミのキャラクターのデザインされたTシャツです。
Municipal Waste Tシャツ(Amazon)

 Rat Finkもビックリのパンチの利いたデザインです。

 続いてはスカルをモチーフとしたデザインで…
Municipal Waste Tシャツ(Amazon)

 やはりパンチの利いたアイテムに仕上がっています。

 次は”Beer Nuke”と名付けられたTシャツです。
Municipal Waste Tシャツ(Amazon)

 ヤバそうなドリンクを口にするスカルがデザインされています。

 そして…
Municipal Waste - Reaper Beer Nuke(Amazon)

 缶ビールを手にした死神を描いたコチラのTシャツも魅力的ですね。

 続いては”Road Rager”と名付けられたTシャツです。
Municipal Waste - Hazardous Mutation (Amazon)

 バイクで暴走するゾンビが描かれています。渋めのカラーでありながら迫力は十分ですね。

 ”Bottle Violence ”と名付けられたTシャツも注目です。
Municipal Waste Tシャツ(Amazon)


 おそらくMinor Threatへのリスペクトを込めたであろうアツいデザインです。

 では、ここからは作品アートワークがデザインされたアイテムを紹介していきます。
 まずは、Earache Records移籍後第一弾となった2005年リリースの2ndアルバム「Hazardous Mutation」のTシャツです。
Municipal Waste - Hazardous Mutation (Amazon)

 この「Hazardous Mutation」のカバーアートを描いたのは、 MegadethDeath・Massacre・Nuclear Assault等の作品を手掛けた”King of Thrash Metal Art”ことEd Repkaです。ミュータントの詰め込まれたトラックから逃げる防護服を着た人間のデザインは、アルバムのタイトルトラック『Hazardous Mutation』の内容と関連付けたものだそうです。

 続いて、2007年リリースの3rdアルバム「The Art of Partying」のパーカー・Tシャツです。
Municipal Waste - The Art of Partying(Amazon)


 このアートワークは収録曲『Chemically Altered』をモチーフにしたものです。デザインしたのはMark Reateguiという人物で、彼はCannabis Corpse等のバンドのアートワークを担当しつつ、自らもギタリストとして活動しています。

 「The Art of Partying」収録曲の『Headbanger Face Rip』をモチーフにしたTシャツも制作されています。
Municipal Waste Tシャツ(Amazon)

 楽曲に負けないパンチの利いたデザインですね。バックプリントにはMWの文字のロゴが入っているのもカッコいいです。

 では続いて、2009年リリースの4thアルバム「Massive Aggressive」のアイテムです。
Municipal Waste - Massive Aggressive(Amazon)


 Municipal Wasteのグッズの中では着こなしやすい人気のデザインです。この「Massive Aggressive」のカバーアートはサンフランシスコのハードコアパンクバンド・DeadfallのべーシストでもあるAndrei Bouzikovがデザインしたものです。

 そして、2017年リリースの6thアルバム「Slime and Punishment」のTシャツも注目です。
Municipal Waste Tシャツ(Amazon)

 こちらもAndrei Bouzikovのデザインです。いち早くGetしておきたい一枚ですね。

 そして、Municipal Wasteのメッシュキャップも人気です。
Municipal Waste - キャップ(Amazon)

 メタル/ハードコア好きから一目置かれること間違いなしのアイテムですね。


スポンサーサイト

Tシャツ選びのBGM
今日のBGM
Phil Bozeman(Whitechapel)と共に『Unanswered』をプレイするSuicide Silence
検索フォーム
カテゴリ
Yes (1)
MC5 (1)
ALL (1)
Dio (1)
L7 (1)
QRコード
QR