FC2ブログ

オススメのロック・バンドTシャツ/パーカー 一覧・まとめ

通販で購入できるロック/パンク/ヘヴィメタル・バンドのTシャツ・パーカー等のグッズを一覧でまとめています

Helloween/ハロウィン


AmazonのHelloweenストア
AmazonのHelloweenの服&ファッション小物 一覧

主なディスコグラフィー
スタジオアルバム
1985 - Walls of Jericho
1987 - Keeper of the Seven Keys, Pt. 1(邦題:守護神伝 -第一章-)
1988 - Keeper of the Seven Keys, Pt. 2(邦題:守護神伝 -第二章-)
1991 - Pink Bubbles Go Ape
1993 - Chameleon
1994 - Master of the Rings
1996 - The Time of the Oath
1998 - Better Than Raw
1999 - Metal Jukebox
2000 - The Dark Ride
2003 - Rabbit Don't Come Easy
2005 - Keeper of the Seven Keys: The Legacy(邦題:守護神伝 -新章- )
2007 - Gambling With the Devil
2010 - 7 Sinners
2013 - Straight Out of Hell
2015 - My God-Given Right

ライブアルバム
1989 - Live in the U.K.
1996 - HIGH LIVE
2007 - Keeper of the Seven Keys: Legacy World Tour

コンピレーションアルバム
1991 - The Best, The Rest, The Rare
1998 - Karaoke Remix Vol.1
1998 - Karaoke Remix Vol.2
2002 - Treasure Chest
2009 - Unarmed – Best of 25th Anniversary
2017 - Sweet Seductions - Best Of

映像作品
1994 - The Pumpkin Video
1996 - High Live
2004 - Hellish Videos
2007 - Live on 3 Continents
2014 - Masters of Rock


バンド略歴
 1984年にドイツのハンブルクにてKai Hansen/カイ・ハンセン(ボーカル・ギター)、Michael Weikath/マイケル・キスク(ギター)、Markus Grosskopf/マーカス・グロスコフ(ベース)、Ingo Schwichtenberg/インゴ・シュヴィヒテンバーグ(ドラム)により結成される。同年には Noise Recordsと契約。1985年にはEP「Helloween」、1stアルバム「Walls of Jericho」をリリースした。1986年に当時18歳のボーカリストがMichael Kiske/マイケル・キスクが加入し、カイ・ハンセンはギター専任となる。
 新体制の下で1987年には2ndアルバム「Keeper of the Seven Keys: Part I」、1988年には3rdアルバム「Keeper of the Seven Keys: Part II」をリリース。この2つのアルバムは現代まで”パワーメタル”というジャンルを代表する作品となった。3rdアルバムリリースに伴うヨーロッパツアーを終えた後、カイ・ハンセンが健康状態・メンバーとの確執が原因でバンドを脱退(後にGamma Rayを結成)。後任のギタリストとしてRoland Grapow/ローランド・グラポウが加入した。1989年にはライブアルバム「Live in the U.K.」を発表。
 その後、EMI Recordsへと移籍したHelloweenは1991年には4thアルバム「Pink Bubbles Go Ape」、1993年には5thアルバム「Chameleon」をリリースしたが、過去作に比べポップな要素を強めたサウンドは商業的にも振るわず、評論家の評価も優れなかった。同時にメンバー間の対立も深刻化し、マイケル・キスクとインゴ・シュヴィヒテンバーグがバンドを脱退。1993年にはHelloweenはボーカルとドラマー、そしてレーコード会社との契約も失った状態となった。
 その後、Helloweenは1994年に元Pink Cream 69のAndi Deris/アンディ・デリス(ボーカル)、元Gamma RayのUli Kusch/ウリ・カッシュ(ドラム)を新たにメンバーに加えた新編成を確立。同年にはCastle Communicationsから6thアルバム「Master of the Rings」をリリースして復活を果たす。1995年にはオリジナルドラマーのインゴ・シュヴィヒテンバーグがハンブルクが電車に飛び込み自殺。1996年にHelloweenはインゴ・シュヴィヒテンバーグに捧げる7rhアルバム「The Time of the Oath」をリリース。同年にはライブアルバム「High Live」を発表。その後、1998年には8thアルバム「Better Than Raw」、1999年にはカバーアルバム「Metal Jukebox」をリリースした。
 2000年に9thアルバム「The Dark Ride」をNuclear Blastからリリースした後、ローランド・グラポウとウリ・カッシュがバンドを脱退。新たにSascha Gerstner/サシャ・ゲルストナー(ギター)とMark Cross/マーク・クロス(ドラム)をメンバーに加えたHelloweenは、2003年に10thアルバム「Rabbit Don't Come Easy」をリリース。その後、ドラマーのマーク・クロスはバンドを離れる。
 2005年にDaniel Löble/ダニエル・ルブレ(ドラム)を新たにメンバに迎えたHelloweenは、SPV GmbHから11thアルバム「Keeper of the Seven Keys: The Legacy」をリリース。2006年にはライブアルバム「Keeper of the Seven Keys – The Legacy World Tour 2005/2006」を発表した。2007年には12thアルバム「Gambling with the Devil」をリリース。2007~2008年には元メンバーのカイ・ハンセン率いるGamma Rayと共にワールドツアーを行った。2009年には日本でベストアルバム「Unarmed – Best of 25th Anniversary」を発表した(ヨーロッパでは翌年に発表)。2010年にはSony Musicから13thアルバム「7 Sinners」をリリース。2013年には14thアルバム「Straight Out of Hell」をリリースし、ドイツのアルバムチャートでバンド史上最高の4位を記録。2015年にはNuclear Blastに復帰し15thアルバム「My God-Given Right」をリリースし、US Billboad 200でバンド史上最高の8位にランクインした。2016年にはカイ・ハンセンとマイケル・キスクがバンドに復帰。2018年3月にはジャパンツアーを行う。
 パワー・メタル(メロディックスピードメタル)というジャンルを確立したドイツを代表するヘヴィメタル・バンドのHelloweenです。バンT等のグッズにも大御所バンドならではの味のあるアイテムが揃っています。

 では、まずはプルオーバータイプのパーカーから紹介します。
Helloween - Follow The Sign(Amazon)

 カボチャをモチーフにしたバンドマスコット・通称”Judas”の顔がフロントに大きく描かれたデザインです。

 続いて、フロントにバンドロゴがデザインされたパーカーです。
Helloween - Walls of Jericho(Amazon)

 ”HELLOWEEN”の文字の中で”O”の部分がカボチャ(Judas)になっているのが特徴的です。こちらはバックプリントには1stアルバム「Walls of Jericho」のカバーアートが描かれています。

 次はすっきとりたデザインのTシャツです。
Helloween - HN(Amazon)

 フロントには”H🎃N”のマーク、バックには7名のメンバーのサインがデザインされています。

 では、続いては「Walls of Jericho」のTシャツを紹介します。
Helloween - Walls of Jericho(Amazon)

 Helloweenのデビューアルバムとして1985年にリリースされた「Walls of Jericho」のカバーアートはEdda Und Uwe Karczewskiというデザイナーにより制作されました。マスクとマントを身に着けた巨大な男が城を打ち砕くデザインは、80'sテイストが改めてオシャレに感じるデザインですね。
 ちなみに、「Walls of Jericho」のカバーアートに登場したキャラクターにはFang Faceという名前が付けられ、当時はバンドマスコットとして使用されていました。しかし、Fang FaceがHelloweenの作品のカバーアートに登場したのは1stアルバムだけに終わっています。その理由については、メンバーがIron Maidenのマスコット・Eddie the Headと類似していることを嫌ったためと言われています。とはいえ、この「Walls of Jericho」のカバーアートもHelloween及びパワーメタルというジャンルを象徴するデザインとして、長らくメタルファンに愛されてきたものです。

 そして、1987年にリリースされた2ndアルバム「Keeper of the Seven Keys, Pt. 1(邦題:守護神伝 -第一章-)」のTシャツも人気の高いアイテムです。
Helloween - Keeper of the 7 Keys(Amazon)

 このアートワークもEdda Und Uwe Karczewskiにより制作されたものです。Fang Faceから深紅のマントは踏襲されたものの、顔(おそらく、そこがEddie the Headと類似していると感じたのでしょう…)は暗闇に隠れているのが特徴的です。このキャラクターは1996年リリースの7thアルバム「The Time of the Oath」、2005年リリースの11thアルバム「Keeper of the Seven Keys: The Legacy」といった後のHelloweenの作品のカバーにも登場しています。

 次は「Keeper of the Seven Keys, Pt. 1」収録の『Future World』のシングルジャケットのTシャツです。
Helloween - Future World(Amazon)

 程よい脱力感のある魅力的なデザインです。

 続いて、2015年リリースの15thアルバム「My God-Given Right」のTシャツです。
Helloween - My God Given Right(Amazon)

 こちらもHelloweenらしいゴキゲンなデザインです。

 2015年に結成30周年を記念して出版したヒストリー・ブック『Hellbook』の表紙もTシャツ化されています。
Helloween - Hellbook(Amazon)

 バックプリントも含め非常に味わい深いデザインですね。

 更に…
Helloween - Da Vinci(Amazon)

 こちらのレオナルド・ダ・ヴィンチの人体解剖図のパロディ(顔がパンプキンに…)のTシャツもユーモアセンスに溢れるデザインです。

 続いては…
Helloween - United Tour (Amazon)

 2017年10月に始まり2018年いっぱいまで続くPumpkins United World TourのTシャツです。

 更に…
Helloween - I Want Out Tour(Amazon)

 こちらは2018年のI Want Out TourのTシャツです。

スポンサーサイト

[ 2019/01/09 11:33 ] ハードロック/ヘヴィメタル Helloween | TB(-) | CM(-)
Tシャツ選びのBGM
今日のBGM
Phil Bozeman(Whitechapel)と共に『Unanswered』をプレイするSuicide Silence
検索フォーム
カテゴリ
Yes (1)
MC5 (1)
ALL (1)
Dio (1)
L7 (1)
QRコード
QR