FC2ブログ

オススメのロック・バンドTシャツ/パーカー 一覧・まとめ

通販で購入できるロック/パンク/ヘヴィメタル・バンドのTシャツ・パーカー等のグッズを一覧でまとめています

The Who/ザ・フー


AmazonのThe Whoストア
AmazonのThe Whoの服&ファッション小物 一覧
オールポスターズのThe Who商品一覧

主なディスコグラフィー
スタジオアルバム
1965 - My Generation
1966 - A Quick One
1967 - The Who Sell Out
1969 - Tommy
1971 - Who's Next
1973 - Quadrophenia(邦題:四重人格)
1975 - The Who By Numbers
1978 - Who Are You
1981 - Face Dances
1982 - It's Hard
2006 - Endless Wire

ライブアルバム
1970 - Live at Leeds
1984 - Who's Last
1990 - Join Together
1996 - Live at the Isle of Wight Festival 1970
2000 - The BBC Sessions
2000 - Blues to the Bush
2003 - Live at the Royal Albert Hall
2006 - Live from Toronto
2007 - View from a Backstage Pass
2010 - Greatest Hits Live
2012 - Live at Hull
2014 - Quadrophenia: Live in London
2015 - Live in Hyde Park
2017 - Live At The Isle Of Wight Festival 2004 (2CD+DVD)
2017 - Tommy Live at the Royal Albert Hall
2018 - Live at the Fillmore East 1968

サウンドトラック
1975 - Tommy
1979 - Kids Are Alright
1979 - Quadrophenia(邦題:さらば青春の光)
2008 - Amazing Journey the Story of the Who

コンピレーションアルバム
1968 - Magic Bus: The Who on Tour
1968 - Direct Hits
1971 - Meaty Beaty Big & Bouncy
1974 - Odds & Sods
1976 - The Story Of The Who
1981 - Phases
1981 - Hooligans
1983 - Who's Greatest Hits
1983 - Rarities Vol's 1 & 2
1984 - The Singles
1985 - Who's Missing
1985 - The Who Collection
1987 - Two's Missing
1988 - Who's Better Who's Best
1994 - 30 Years of Maximum R & B
1996 - My Generation: The Very Best of the Who
1999 - 20th Century Masters: The Millennium Collection: The Best of The Who
2002 - The Ultimate Collection
2004 - Then & Now
2004 - The 1st Singles Box
2009 - Greatest Hits
2010 - Greatest Hits & More
2012 - Pinball Wizard: the Collection
2014 - The Who Hits 50


バンド略歴
 1964年のロンドンでThe Detoursというバンドを原型にRoger Daltrey/ロジャー・ダルトリー(ボーカル)、Pete Townshend/ピート・タウンゼント(ギター・ボーカル)、John Entwistle/ジョン・エントウィッスル(ベース・ボーカル)、 Keith Moon/キース・ムーン(ドラム)により結成される。その後バンド名をThe Whoに改めて、1965年にシングル『I Can't Explain』を発表。同年12月には1stアルバム「My Generation」をリリースし、UKアルバムチャートで5位にランクイン。アルバムのタイトル・トラックの『My Generation』はUKシングルチャートで2位にランクインし、The Whoは労働者階級の若者たちの代弁者としてとらえられるようになった。
 1996年には2ndアルバム「A Quick One」をリリース(アメリカでは「Happy Jack」のタイトルで発表された)。1967年にはカリフォルニアで開催されたMonterey Pop Festivalに出演し、3rdアルバム「The Who Sell Out」も発表。1969年には『Pinball Wizard』を収録した4thアルバム「Tommy」をリリース。同作は”ロック・オペラ”というジャンルを確立し、US Billboad 200で4位にランクインする世界的ヒット作となった。また、Woodstockやthe Isle of Wight Festivalでのパフォーマンスでも名声を得る。1973年にリリースされた5thアルバム「Quadrophenia」ではUKアルバムチャートで初めて1位を獲得。その後、1973年には6thアルバム「Quadrophenia」、1975年には7thアルバム「The Who by Numbers」を発表。1978年8月には8thアルバム「Who Are You」をリリースしたが、その三週間後にキース・ムーンが死去。死因はアルコール依存症の治療薬の過剰摂取だった。
 The Whoはキース・ムーンの後任のドラマーにKenney Jones/ケニー・ジョーンズを迎え入れ、活動を継続。1979年にはドキュメンタリー映画「The Kids Are Alright」を発表した。その後も1981年には9thアルバム「Face Dances」、1982年に10thアルバム「It's Hard」をリリースしたが、次第にバンドとしての勢いは衰え、1982年にThe Whoは解散することになった。その後は、1985年のLive Aid、1989年の結成25周年記念ツアーで一時的に再結成された。また、1990年にはロックの殿堂入りも果たす。
 1996年からはZak Starkey/ザック・スターキーをドラマーに迎え、定期的なツアーを行う。同時に新アルバムの制作も予定されていたが、2002年にジョン・エントウィッスルが心臓発作で死去したため(享年57歳)、計画は遅延。その後もピート・タウンゼントとロジャー・ダルトリーはThe Whoとして活動を続け、2006年には11thアルバム「Endless Wire」をリリースした。
 The BeatlesThe Rolling Stonesと共に”イギリスの3大ロックバンド”とも称されるモッズ・カルチャーを代表的存在・The Whoです。そのバンT・パーカーはUKロックを象徴するアイテムであると同時に、前述の2バンド程には大衆化していないので着ている人のセンスの良さも窺い知れます。

 そんなThe Whoのアイテムで、まず初めにチェックしておきたいのがターゲット・ロゴがデザインされたパーカー・Tシャツです。
The Who - Target(Amazon)



 気軽に着こなせて流行にも流されないド定番アイテムですね。
 ちなみに、このTarget Logoは1964年にBrian PikeというアーティストがロンドンのMarquee clubでのライブ告知ポスターのために製作したものです。ターゲットマークを構成する赤・白・青の三色はユニオンジャックのカラーに由来するものです。そしてターゲットマークの形は女性、”o”の文字からら飛び出した矢印は男性のシンボルを意味するものだそうです。また、2つの”h”が繋がっているのは”統合の”象徴であると言われています。シンプルな様で実は多くの意味も込められたデザインですね。

 同じくターゲットマークが使用されたパーカー・Tシャツでも…
The Who - Target Distressed(Amazon)


 こちらはビンテージ加工が施され、バンド名は左下にさり気なく記されています。定番デザインを少しアレンジしたオシャレさが魅力的です。

 次はターゲット・ロゴをアレンジしたデザインです。
The Who - Diamante(Amazon)

 こちらはUKのアパレルブランド・AMPLIFIEDが製作したアイテムで、スパンコールでターゲット・ロゴがデザインされています。

 続いて…
The Who - Target Raglan(Amazon)

 ラグラン型のターゲットマークTシャツもオシャレなアイテムです。

 更に…
The Who - Textured Target (Amazon)

 大胆にターゲットマークを汚したデザインのTシャツもファッション性が高いですね。

 ターゲット・ロゴにプラスαが加えられたデザインでは…
The Who - Vespa Smoke(Amazon)

 こちらはターゲットに向かって走るスクーター(イタリアのピアッジオが製造販売するVespa)が描かれています。ロック好きならだれでも知っているロゴを基本としながら、個性の光る一枚に仕上がっていますね。

 次は小さくターゲット・ロゴの入ったデザインです。
The Who - Long Live Rock (Amazon)

 レトロなタッチと色使いがオシャレですね。

 続いて、ユニオンジャックにバンドロゴを組み合わせたされたTシャツです。
The Who - Distressed Union Jack(Amazon)

 バンド名はあえて小さめに記されています。

 更に…
The Who - Peace fingers union jack(Amazon)

 こちらはユニオンジャック柄のピースサインがデザインされており、その中に自然な形で”The Who”のバンド名が記されています。


 では、ここからは時系列に沿ってThe Whoのグッズを順に紹介していきます。
 まずは1965年リリースの1stアルバム(及び、そのタイトルトラック)「My Generation」の文字の入ったアイテムです。
The Who - My Generation(Amazon)

 お馴染みのターゲット・ロゴを”My Generation”のタイトルがサークル状に囲ったデザインです。グレーのボディが爽やかで良い感じですね。

 続いても「My Generation」のタイトルの入ったTシャツです。
The Who - My Generation Sketch(Amazon)

 レトロなタッチのメンバーのイラストがオシャレですね。

 次に紹介するのは、1969年リリースの4thアルバム「Tommy」のタイトル入ったTしゃでは…
The Who - Tommy(Amazon)

 こちらのTシャツはアルバムタイトルと共にロジャー・ダルトリーの姿がイエローで映し出され、クラシカルなカッコ良さが光るデザインとなっています。

 同じく「Tommy」のタイトルが入ったTシャツでは…
The Who - Tommy Poster (Amazon)

 こちらはニューヨークのメトロポリタン・オペラハウスでのコンサートのポスターがデザインされた貴重なアイテムです。

 「Tommy」の収録曲『Pinball Wizard』をモチーフとしたTシャツも注目です。
The Who - Wizard(Amazon)


 こちらもピンボール台がデザインされています。全体としては落ち着いた雰囲気でありながら、ポップなテイストも合わせ持ったスタイリッシュなアイテムです。

 更に…
The Who - Pinball(Amazon)

 こちらも『Pinball Wizard』をモチーフとしたTシャツで、時代性も感じさせる色使いが一段とオシャレです。

 続いて、1970年に発表された名作ライブ・アルバム「Live at Leeds」のTシャツです。
The Who - Leeds(Amazon)

 ベージュのボディにフロントにワンポイントマークが施されたアイテムです。さり気なく着こなせる”大人のロックTシャツ”という印象ですね。

 「Live at Leeds」に収録されている『Magic Bus』をモチーフとしたTシャツも注目です。
The Who - Magic Bus(Amazon)

 他のアイテムとは一線を画すサイケデリックなデザインとなっています。

 1971年にリリースされた『Let's See Action』(アルバム未収録曲)のシングルジャケットもTシャツ化されています。
The Who - Let's See Action(Amazon)

 イエローをベースにピート・タウンゼントの姿が映し出されたファッショナブルなデザインとなっています。

 次は、1972年に行われたスイス・チューリッヒのツアーTシャツを紹介します。
The Who - Zurich(Amazon)

 バンド名の”O”の部分がスイス国旗になっているのも特徴的です。The Whoの中では決して有名ではないものの、非常に秀逸なデザインですね。

 続いて、1973年リリースの6thアルバム「Quadrophenia」のTシャツです。
The Who - Quadrophenia(Amazon)


 バイクのミラーにメンバーの顔がさり気なく映し出されているのも特徴的で、The Whoのアートワークの中ではシックなデザインとなっています。

 他にも「Quadrophenia」に関しては…
The Who - Quadrophenia (Amazon)

 こちらもカッコいいデザインです。

 そして「Quadrophenia」リリースに伴い行われた1973年のブリティッシュ・ツアーのTシャツは、現在でも高い人気を誇る名作Tシャツです。
The Who - British Tour 1973(Amazon)


 モノクロ写真を用いた”硬派なロックTシャツ”という印象ですね。

 では、ここからは主にメンバー写真を用いたアイテムを紹介します。
 まずは…
The Who - Maximum R&B(Amazon)


 The Whoのスローガンである”Maximum R&B”の文字と共にピート・タウンゼントの姿が描かれています。これを着ていれば間違いはない王道デザインの一つですね。

 続いて…
The Who - Maximum Rhythm and Blues(Amazon)

 若き日のメンバー4ショットが使用されたコチラのTシャツもストレートにカッコいいアイテムです。

 同じく4ショットのTシャツでは…
The Who - Elvis for Everyone (Amazon)

 こちらもカッコいいですね。

 続いて…
The Who - Yellow(Amazon)

 こちらも”大人の味わいがあるロックTシャツ”という印象ですね。

 四分割でメンバーの顔写真の入ったTシャツも…
The Who - Sections(Amazon)

 王道感漂うアイテムとなっています。

 続いて…
The Who - Soundwaves(Amazon)

 こちらのTシャツは独特のカラーリングが魅力的です。

 続いて…
The Who - Live in Concert (Amazon)

 ヴィンテージ風のプリントでメンバーが描かれたコチラのTシャツもThe Whoらしさにアッ触れるアイテムです。

 次はU.S.A.ツアーのTシャツです。
The Who - USA Tour Vintage (Amazon)

 こちらもヴィンテージ・プリントがカッコいいです。

 1973年の日本ツアーのTシャツも注目です。
The Who - Japan Tour 73 (Amazon)

 ちょっと不可思議な日本語表記が独特の味わいを持っていますね。

 続いては…
The Who - Pinball Wizard 1969 (Amazon)

 こちらは2012年リリースのコンピレーションアルバム「Pinball Wizard: the Collection」のジャケットに使用されたものです。

 ギターを手にジャンプするピート・タウンゼントの姿が映し出されたアイテムも…
The Who - The Leap(Amazon)


The Who - Alive at the Garden(Amazon)

 味のある本格派ロックTシャツとなっていますね。

 ロジャー・ダルトリーの姿のデザインされたTシャツも…
The Who - Roger Vintage Pose(Amazon)

 堂々たるカッコいいアイテムですね。

 1978年に急逝したキース・ムーンをモチーフとしたTシャツも複数制作されています。
Keith Moon(Amazon)



 いずれもロック好きには格別な意味合いを持ったアイテムですね。

 続いて、US人気ブランドJUNK FOODのThe Who Tシャツも一覧で紹介します。
The Who - Junk Food(Amazon)


 やはり”1ランク上のロックTシャツ”という印象のオシャレなデザインが揃っています。


 ここで、レディースのアイテムも一覧で…
The Who - レディース(Amazon)


 こんな具合です。

 では、最後にキャップ・バッグをまとめておきます。
The Who - キャップ(Amazon)



The Who - バッグ(Amazon)


スポンサーサイト

Tシャツ選びのBGM
今日のBGM
Phil Bozeman(Whitechapel)と共に『Unanswered』をプレイするSuicide Silence
検索フォーム
カテゴリ
Yes (1)
MC5 (1)
ALL (1)
Dio (1)
L7 (1)
QRコード
QR