FC2ブログ

オススメのロック・バンドTシャツ/パーカー 一覧・まとめ

通販で購入できるロック/パンク/ヘヴィメタル・バンドのTシャツ・パーカー等のグッズを一覧でまとめています

The Rolling Stones/ローリング・ストーンズ


AmazonのThe Rolling Stonesストア
AmazonのThe Rolling Stonesの服&ファッション小物 一覧
オールポスターズのThe Rolling Stones商品一覧

主なディスコグラフィー
スタジオアルバム
1964 - The Rolling Stones(UK)
1965 - The Rolling Stones No. 2(UK)
1965 - Out of Our Heads(UK)
1966 - Aftermath(UK)
1967 - Between the Buttons(UK)
1967 - Their Satanic Majesties Request
1968 - Beggars Banquet
1969 - Let It Bleed
1971 - Sticky Fingers
1972 - Exile on Main Street(邦題:メイン・ストリートのならず者)
1973 - Goat's Head Soup(邦題:山羊の頭のスープ)
1974 - It's Only Rock N Roll
1976 - Black & Blue
1978 - Some Girls(邦題:女たち)
1980 - Emotional Rescue
1981 - Tattoo You(邦題:刺青の男)
1983 - Undercover
1986 - Dirty Work
1989 - Steel Wheels
1994 - Voodoo Lounge
1997 - Bridges to Babylon
2005 - A Bigger Bang
2016 - Blue & Lonesome

米国版オリジナル・アルバム
1964 - England's Newest Hit Makers: Rolling Stones
1964 - 12x5
1965 - The Rolling Stones, Now!
1965 - Out of Our Heads
1965 - December's Children
1966 - Aftermath
1967 - Between the Buttons

ライブアルバム
1966 - Got Live If You Want It
1970 - Get Yer Ya-Ya's Out! Rolling Stones in Concert
1977 - Love You Live
1982 - Still Life
1991 - Flashpoint
1995 - Stripped
1996 - The Rolling Stones Rock and Roll Circus
1998 - No Security
2004 - Live Licks
2008 - Shine a Light
2011 - Brussels Affair (Live 1973)
2011 - Some Girls: Live in Texas '78
2012 - Hampton Coliseum (Live In 1981)
2012 - L.A. Friday (Live 1975)
2012 - Live at the Checkerboard Lounge, Chicago 1981
2012 - Light the Fuse
2012 - Live at the Tokyo Dome (Live 1990)
2013 - Sweet Summer Sun
2015 - Marquee Club (Live 1971)
2015 - Sticky Fingers Live
2016 - Totally Stripped (CD+4BLU-RAY)
2017 - Sticky Fingers Live at Fonda Theatre (From The Vault Collection)
2018 - San Jose’ 99 (From The Vault Collection)

コンピレーションアルバム
1966 - Big Hits (High Tide and Green Grass)
1967 - Flowers
1969 - Through the Past, Darkly (Big Hits Vol. 2)
1971 - Stone Age
1971 - Gimme Shelter
1971 - Hot Rocks 1964-1971
1972 - Milestones
1972 - Rock 'N' Rolling Stones
1972 - More Hot Rocks (Big Hits & Fazed Cookies)
1973 - No Stone Unturned
1975 - Metamorphosis
1975 - Made in the Shade
1975 - Rolled Gold: The Very Best of the Rolling Stones
1977 - Get Stoned (30 Greatest Hits)
1979 - Time Waits for No One
1980 - Solid Gold
1981 - Sucking in the Seventies
1984 - Rewind (1971–1984)
1989 - Singles Collection: The London Years
1993 - Jump Back: The Best of The Rolling Stones
2002 - Forty Licks
2005 - Rarities 1971-2003
2012 - Grrr!
2017 - On Air

映像作品
2016 - ストーンズ - トータリー・ストリップド【初回限定盤Blu-ray+CD+ボーナスCD】/ストーンズ - トータリー・ストリップド【初回限定盤DVD+CD+ボーナスCD】
2016 - ザ・ローリング・ストーンズ『ハバナ・ムーン ストーンズ・ライヴ・イン・キューバ2016』【初回限定盤Blu-ray+2枚組CD】/ザ・ローリング・ストーンズ『ハバナ・ムーン ストーンズ・ライヴ・イン・キューバ2016』【初回限定盤DVD+2枚組CD】

バンド略歴
 1962年にロンドンにて結成。間もなくBrian Jones/ブライアン・ジョーンズ(ギター・ハーモニカ)、 Mick Jagger/ミック・ジャガー(ボーカル)、Keith Richards/キース・リチャーズ(ギター)、Bill Wyman/ビル・ワイマン(ベース)、Charlie Watts/チャーリー・ワッツ(ドラム)というメンバー編成が固まる。
 1964年にDecca Recordsから1stアルバム「The Rolling Stones」(アメリカでの配給はLondon Recordsで、タイトルは「England's Newest Hit Makers」)をリリースすると、The Betlesの「With the Beatles」を蹴落としてUKアルバムチャートで12週連続1位を獲得する。同年には初のUSツアーを行い、アメリカ国内向けに「12×5」をリリースしてUSチャートで3位を記録。1965年には「The Rolling Stones No. 2」(アメリカでのタイトルは「The Rolling Stones, Now!」)でUKチャート1位・USチャートで5位、「Out of Our Heads」でUKチャート2位・USチャートで1位にランクイン。同年にアメリカ向けにリリースした「December's Children (And Everybody's) 」でもUSチャート1位を獲得し、The Rolling Stonesはヨーロッパだけでなくブリティッシュ・インヴェイジョンの一波として北米での成功を収めた。その後も、1966年に「Aftermath」、1967年には「Between the Buttons」・「Their Satanic Majesties Request 」、1968年には「Beggars Banquet」、1969年には「Let It Bleed」とヒット・アルバムを連続して発表。「Let It Bleed」製作中には、ブライアン・ジョーンズが体調不良と法律問題のためバンドを脱退し、その3週間後にプールで溺死(享年27歳)。その後、The Rolling StonesにはMick Taylor/ミック・テイラー(ギター)がブライアン・ジョーンズの後任として加入した。
 Decca Recordsとの契約を終えたThe Rolling Stonesは、1970年に自らのレーベル・Rolling Stones Recordsを設立。1971年に同レーベルの第一弾アルバム「Sticky Fingers」をリリースし、UK・USチャートの両方で1位を獲得する。その後、1972年には「Exile on Main St」、1973年に「Goats Head Soup」、1974年には「It's Only Rock 'n Roll」を発表し、The Rolling StonesはいわゆるGolden Ageを迎えた。また、1973年には初来日公演が予定されチケットも完売していたが、メンバーの麻薬所持による逮捕歴などを理由に入国許可が下りずに公演は中止された。
 1974年にギタリストのミック・テイラーがバンドを脱退。The Rolling Stonesは後任としてRonnie Wood/ロニー・ウッドがメンバーに加え、1976年には「Black and Blue」をリリース。この時期にはパンク・ムーブメントが生じ、The Rolling Stonesの衰えを指摘する声もあったが、1978年リリースの「Some Girls」・1981年リリースの「Tattoo You」はバンドにとって最も売れたアルバムとなった。80年代にはミック・ジャガーとキース・リチャーズの間の音楽性に関する対立関係から解散の危機も生じた。しかし、1989年には「Steel Wheels」をリリースし、大規模なスタジアム・アリーナ・ツアーを成功させ、The Rolling Stonesは見事に復活する。1989年にはロックの殿堂入りを果たす。また、1990年には東京ドームでの初来日公演も実現した。
 1993年にはビル・ワイマンがバンドを脱退。その後、The Rolling StonesはVirgin Recordsと契約し、「Voodoo Lounge 」・「Bridges to Babylon」と二枚のアルバムを90年代に発表する。2000年以降も大規模なツアーを続けながら、2005年には8年ぶりの新作となる「A Bigger Bang」をリリース。2016年5月23日にはキューバのハバナで初のライブを行い、その模様を映画「Habana Moon」として公開される。 同年12月には11年ぶりの新アルバム「Blue & Lonesome」をリリースし、イギリスを始め各国のチャートで1位を獲得した。
 アルバム総売り上げ枚数が2億を超えるモンスター・バンドThe Rolling Stonesです。その”大きく舌を出した唇”のバンドロゴ(Tongue and Lips Logo)は”世界で最も有名なロックアイコン”と言っても過言ではありませんね。

 では、まずは"Tongue and Lips" が使用されたThe Rolling Stonesのジャケット類から紹介していきます。
Rolling Stones - ジャケット(Amazo)



 ミリタリージャケット・デニムジャケット・スタジャン・コーチジャケット…と種類が豊富です。この上ない程にロックな雰囲気を持ちつつも、カジュアルに着こなしやすいのもThe Rolling Stonesのロゴが持つ魅力ですね。いずれもトレンドに流されて1シーズンで用済みなってしまうようなアウターとは別格のアイテムです。

 続いて、ジップアップタイプのパーカーを紹介します。
Rolling Stones - Classic Tongue(Amazon)

 フロントにはワンポイントでバンドロゴ、バックにTongue and Lipsロゴがデザインされています。

 更に…
Rolling Stones - Distressed Tongue (Amazon)


 こちらも決して流行に流されることのない王道アイテムです。ビンテージ加工を施したことでカジュアルに着こなしやすくなっていますね。

 同じくジップアップタイプのパーカーでは…
Rolling Stones - Varsity (Amazon)

 こちらの落ち着いたカラーリングもオシャレです。

 他にもジップアップタイプのパーカーでは…
Rolling Stones - Checker Tongue(Amazon)

 こちらは左胸とバックプリントに舌の部分がチェック柄のTongue and Lipsロゴがデザインされています。左袖部分のバンド名のプリントもカッコいいですね。

 では次はプルオーバータイプのパーカーを紹介していきます。
 まずは…
Rolling Stones - 1978 Tour(Amazon)

 Tongue and Lipsにバンド名が加えられたデザインです。確実に流行に左右されることのない堅実なロックパーカーですね。

 続いては…
Rolling Stones - Classic Tongue (Amazon)

 バンド名が入っていないタイプのTongue and Lips・パーカーも文句なしにカッコいいアイテムです。

 次は少し個性的なデザインで…
Rolling Stones - Dripping Tongue(Amazon)

 御馴染みのロゴからペンキが滴り落ちるようなデザインとなっています。やり過ぎない程度のアレンジが心地よいですね。

 更に…
Rolling Stones - Union Jack Tongue (Amazon)

 舌の部分がユニオンジャックがデザインされたパーカーも王道デザインの一つと言えるでしょう。

 次もプルオーバータイプのパーカーです。
Rolling Stones - Checker Tongue(Amazon)

 こちらは舌にチェック模様があしらわれています。

 更に…
Rolling Stones - Its Only Rock n Roll(Amazon)

 こちらの『Its Only Rock n Roll』の文字と共にロゴが描かれたパーカーはレトロな雰囲気がかなりカッコいいですね。

 続いて…
Rolling Stones - Tokyo 1990(Amazon)

 こちらの1990年の初来日記念アイテムもオシャレです。

 そして、スウェットシャツも一枚所持しておいて損はないアイテムです。
Rolling Stones - スウェット(Amazon)

 「とりあえず、これを着ていれば間違いなし!」な一枚です。

 Tongue and Lips Logo以外にも…
Rolling Stones - GRRR Paint Stroke (Amazon)

 「GRRR!」のタイトルがデザインされたスウェットシャツも渋くてカッコいいです。

 更には…
Rolling Stones - 1973 European Tour (Amazon)

 こちらの1973年のヨーロッパツアーのスウェットは攻めのデザインが魅力的です。

 ここでポロシャツも紹介します。
Rolling Stones - ポロシャツ (Amazon)

 カジュアルに着こなしやすいロック・アイテムです。

 では、ここからはTシャツを中心に紹介していこうと思います。
 まずは…
Rolling Stones - Vintage 70s Logo(Amazon)

 バンド名のデザインされたビンテージ加工のTシャツです。Rolling StonesのTシャツと言えばTongue and Lipばかりが注目される中、さり気なく着こなせると格段にオシャレな一枚です。

 同じくバンド名を全面に打ち出したデザインでは…
Rolling Stones - Logo and Tongue applique(Amazon)

 こちらもスッキリとした着こなしやすいデザインです。左の肩にはTongue and Lipsのパッチが付いています。

 続いて、オーソドックスなデザインのTongue and Lipsがデザインされた長袖&半袖Tシャツを紹介します。
Rolling Stones - Classic Tongue(Amazon)



 ”定番中の定番”なデザインだけに、上手く着こなしてみたくなりますね。
 ちなみに、この”Tongue and Lip Logo”は1971年から使用されており、John Pascheというイギリス人アーティストのデザインにCraig Braunが修正を加えることで制作されました。

 UK人気アパレルブランド・Amplifiedが製作したTongue and Lips Logo Tシャツも注目です。
Rolling Stones - AmplifiedAmazon)

 ビンテージ風の独自のボディが一段とオシャレです。ブランド品のため、少し値段は高めですが流行に左右されない定番アイテムだけに長く愛用できそうですね。

 Tongue and LipsがデザインされたラグランTシャツも… 
Rolling Stones - ラグラン(Amazon)

 気取らずに着こなせるロックアイテムですね。

 次は、グリーンのボディを使用したTシャツです。
Rolling Stones - グリーン(Amazon)

 独特の風味をもったアイテムとなっています。

 更に…
Rolling Stones - Classic Tongue(Amazon)

 深みのあるレッドボディもカッコいいですね。

 さて、Tongue and Lip Logoは様々な形のアレンジを加えられてTシャツ化されていますので、以下で順に紹介していきいます。
 まずは…
Rolling Stones - Diamante(Amazon)

 Amplifiedが製作したスパンコールを使用してロゴが輝きを放つデザインのTシャツです。定番ロックTシャツを1ランク上の上のアイテムに昇華しています。

 続いて、ロゴマークにバンド名も加えられたデザインです。
Rolling Stones - Plastered Tongue(Amazon)

 これ以上ない程に王道感の漂うロックTシャツですね。さり気なく”EST.1962”の文字も添えられています。

 更に…
Rolling Stones - Est 1962(Amazon)

 こちらはサークル状にバンド名と共に結成年を示す”ESTABLISHED 1962"の文字も記されています。

 そして、数あるTongue and Lip Logo Tシャツの中でも現在最も注目したいアイテムは…
Rolling Stones - Blue & Lonesome(Amazon)



 2016年リリースの「Blue & Lonesome」のアートワークが使用されたTシャツです。見慣れたTongue and Lip Logoを新鮮に感じさせるカラーリングが魅力的です。微妙にカラーリングの違う複数のバージョンが揃えられているのも嬉しいですね。

 2017年~2018年に行われるNo Filter Tourではスプレーアート風のTongue and Lipsが登場しました。
Rolling Stones - No Filter(Amazon)



 定番デザインにアレンジを加えて斬新な印象を与えるアイテムになっていますね。

 更に…
Rolling Stones - Evolution(Amazon)


 こちらは初期のデザインから現在まで、過去の様々なタイプのTongue and Lip Logoが一覧にされた豪華なデザインとなっています。

 1989年の北米ツアーTシャツも…
Rolling Stones - North America Tour(Amazon)

 様々なカラーのTongue and Lips Logoがポップアート風に描かれています。

 「Blue & Lonesome」と同じく2016年に発表された「Havana Moon」のTシャツも…
Rolling Stones - Havana Moon(Amazon)

 大御所バンドの最新アイテムとして注目したいところです。

 また、結成50周年(2012年)記念Tシャツも格別な一枚かと思われます。
Rolling Stones - 50(Amazon)


 現役のまま50周年を迎えるバンドというのも珍しく、特別な重みを持った一枚ですね。

 では、まだまだ様々なバージョンのTongue and Lips Logo Tシャツを紹介していきます。
 まずは、定番のビンテージ加工が施されたデザインです。
Rolling Stones - Distressed/Rolling Stones - Vintage Tongue Logo(Amazon)


 大御所バンドらしい風格を兼ね備えたアイテムですね。

 次は、特別な意味合いのビンテージ加工のTシャツです。
Rolling Stones - As Worn by Mick(Amazon)

 こちらは1972年の北米時にミック・ジャガーが着用していたTシャツを、エンザイムウォッシュ(酵素洗浄加工)を用いて復刻したアイテムです。ロゴ自体の造形も一般的なものとは少し異なり、より一層レトロな雰囲気を楽しめるアイテムになっています。

 少し個性的なデザインでは…
Rolling Stones - Spray(Amazon)

 こちらスプレーペイントでロゴが描かれています。スッキリとしたデザインはインナーとして使用してもオシャレですね。

 続いては…
Rolling Stones - Stencil(Amazon)

 こちらの”汚し”が付いたデザインもサラッと着こなせるとオシャレなアイテムです。

 Tongue and Lips Logoにタトゥーが施されたTシャツも…
Rolling Stones - Tattoo Flash(Amazon)

 遊び心の利いたロックTシャツとなっています。

 続いては、鮮やかなカラーリングが施されたTシャツを2種類…
Rolling Stones - Foil Tongue(Amazon)


Rolling Stones - Watercolour Tongue (Amazon)

 こういった華やかなデザインも悪くないですね。

 他にもカラーリングを工夫したデザインでは…
Rolling Stones - Blue Light (Amazon)

 こちらも非常にセンスの良いデザインですね。ビンテージ加工も良い具合です。

 続いて…
Rolling Stones - You Are So Cold(Amazon)

 『TShe's So Cold 』をモチーフにしたシャツTです。前後にTongue and Lips Logoがデザインされているのが特徴的です。

 タトゥーアート風にTongue and Lips Logoが装飾されたTシャツもオススメの一枚です。
Rolling Stones - Tongue & Stars (Amazon)

 リボン状に記されたバンド名もカッコいい、文句の付けようのないデザインですね。

 ”Trippy Licks”と名付けられたTシャツも…
The Rolling Stones - Trippy Licks (Amazon)

 明るめのカラーリングが素敵です。

 続いて…
The Rolling Stones - Neon Tongue Logo Outline (Amazon)

 ネオンライト風にTongue and Lips Logoの外形だけが描かれたコチラのTシャツもさり気なく着こなしやすいアイテムです。

 The Rolling Stonesの1975年の北米ツアーのアイテムは現在でも人気が高く、複数のアイテムが復刻販売されています。
 中でも、ニューヨークで7月22~26日に行われたライブ日程が記されたTシャツは定番として押さえておきたいところです。
Rolling Stones - 1975(Amazon)


 ヴィンテージ加工が効果的に使用されています。落ち着いた風味のボディカラーもオシャレですね。

 次も同じく1975年の北米ツアーのTシャツです。
Rolling Stones - Retro Tour 1975(Amazon)

 こちらはカラフルな飛行機にTongue and Lips Logoが描かれています。さり気なく着こなせると抜群にカッコいいレトロなデザインが魅力です。

 更に…
Rolling Stones - LA Friday live 1975 (Amazon)

 こちらは1975年の北米ツアーの内、ロサンゼルスでの公演(7月12・13日)が後にライブアルバム「L.A. Friday (Live 1975)」として発表された際のカバーアートのデザインです。バックの首元に小さく”L.A. Friday”の文字がTongue and Lips Logoと共に描かれているのがオシャレです。

 他にも「L.A. Friday」をモチーフとしたアイテムでは…
Rolling Stones - LA Friday Eagle(Amazon)

 こちらも渋くてカッコいいデザインですね。

 そして、1978年のツアーTシャツも人気です。
Rolling Stones - TOUR 78./Rolling Stones - US Tour 1978(amazon)


 Tongue and Lips Logoにバンド名が添えられたオーソドックスで着こなしやすいデザインです。深みのある色使いも抜群にカッコいいですね。

 次も1978年のU.S.ツアーTシャツです。
Rolling Stones - Tour 78(Amazon)

 粗削りな字体が無骨なテイストを醸し出す人気のアイテムです。

 さて、Tongue and Lips Logoは、舌の部分に特別なデザインを施したアレンジも多数制作されています。
 その中でも、まず始めにチェックしておきたいのが…
Rolling Stones - Union Jack/Rolling Stones - UK(Amazon)



 本国イギリスの国旗であるユニオン・ジャックがデザインされたTシャツです。正しく”ブリティッシュ・ロックの象徴”と言得るアイテムですね。

 同じく英国旗が舌に刻印されたTシャツでも…
ROLLING STONES - 82 (Amazon)

 こちらは1982年のヨーロッパツアーのTシャツで、ダメージ加工を用いて極上のロックTシャツに仕上げています。

 他にもユニオンジャックとロゴが組み合わされたデザインでは…
Rolling Stones - Lick The Flag tongue(Amazon)

 こちらは比較的落ち着いたデザインとなっています。それだけに飽きも来ずに長く愛用できそうです。

 更に…
Rolling Stones - 81(Amazon)

 こちらは81年のUSツアーのTシャツで、ユニオンジャックを中央に据えてTongue and Lips Logoは使用されていません。そして、よく見るとユニオンジャックの形はアメリカの地図の形になっており、「UKロックがアメリカを席捲」という当時のBritish Invasionの空気感を再現したかのようなデザインになっています。

 では、今度は星条旗が舌に刻印されたTシャツを紹介します。
Rolling Stones - America/Rolling Stones - USA(Amazon)


 70年代後半以降、アメリカツアーに際して制作されてきたアイテムです。ユニオンジャックと甲乙付けがたい王道感のあるデザインですね。

 続いて…
Rolling Stones - 1994(Amazon)

 こちらは1994年のUSツアーTシャツで、ビンテージプリントが良い味を出しています。

 同じく、舌に米国旗が描かれたTシャツです。
Rolling Stones - North America Tour 1981(Amazon)

 背景にはユニオンジャックも描かれて王道感のあるデザインとなっています。

 続いては…
Rolling Stones - Sketched(Amazon)


 星条旗バージョンのTongue and Lips LogoをスケッチしたTシャツも、気取らずに着こなせるセンスの良いなデザインです。

 舌にアメリカ大陸が描かれたTシャツも注目したいアイテムです。
Rolling Stones - Tour Of The Americas (Amazon)

 レトロな雰囲気のデザインが魅力です。

 そして、1994~1995年に行われたVoodoo Lounge Tourでは…
Rolling Stones - Voodoo Lounge(Amazon)

 日本を含む各国の国旗を一覧にしたデザインも制作されています。

 また、最新の注目したいデザインでは…
Rolling Stones - Cuba(Amazon)



 
 キューバ国旗のデザインされたTシャツです。こちらは米国とキューバが54年ぶりに国交を回復した後、Rolling Stonesが2016年5月23日にキューバ・ハバナで行った初ライブを記念したアイテムです。

 舌に国旗以外のデザインが描かれたTシャツでは…
Rolling Stones - Rainbow(Amazon)

 Amplified社製の虹がデザインされたTシャツです。さすがにファッション性の高いアイテムです。

 更に…
Rolling Stones - Skull(Amazon)

 こちらの大きくスカルマークが入ったデザインは”硬派なロックTシャツ”という印象を受けますね。

 他にもTongue and Lips Logoを用いたオススメのアイテムでは…
Rolling Stones - グラストンベリー・フェス(Amazon)

 2013年にThe Rolling Stonesが初めて出演したロックフェスティバル・Glastonbury FestivalのTシャツです。赤のブーツにスプレーペイントでTongue and Lips Logoが記されたオシャレなデザインとなっています。

 では、ここからは個別の楽曲やアルバムをモチーフにしたTongue and Lips Logo Tシャツを紹介していきます。
 まず初めにチャックしておきたいのが…
Rolling Stones - It's Only Rock 'N' Roll(Amazon)


 『It's Only Rock 'N' Roll』(12thアルバム「It's Only Rock N Roll」収録曲)のラグラン・半袖Tシャツです。スッキリとしたデザインは流行に流されることもなく愛用できそうですね。

 更に…
Rolling Stones - 78 Rock n Roll(Amazon)

 独特なタッチで”Rolling Stones Live 78”・”It's Only Rock 'N' Roll”の文字が記されたTシャツもクールなデザインです。

 そして…
Rolling Stones - Black and Blue (Amazon)


Rolling Stones - Steel Wheels (Amazon)

 Tongue and Lips Logo の中に1976年リリースの「Black & Blue」、1989年リリースの「Steel Wheels」のカバーアートがデザインされたTシャツも通好みするアイテムです。

 続いては1981年の16thアルバム「Tattoo You」のタイトルが入ったTシャツです。
Rolling Stones - Tattoo Flaming(Amazon)

背景に炎が描かれたコチラのTシャツも抜群にクールです。

 続いては明るめなデザインです。
Rolling Stones - Start Me Up(Amazon)

 こちらは『Start Me Up』(16thアルバム「Tattoo You」収録曲)のTシャツです。クラシックロックカルチャーの魅力が凝縮されたようなデザインですね。


 では、ここからはTongue and Lips Logo以外のモチーフが強調されたTシャツも紹介します。
 まずは初めに紹介したいのが…
Rolling Stones - Sticky Fingers (Amazon)

 1971年リリースの9thアルバム「Sticky Fingers」のカバーアートのデザインされたTシャツです。ローリング・ストーンズのグッズの中ではごく初期の作品をモチーフとした貴重なアイテムの一つです。

 他にも「Sticky Fingers」に関するアイテムでは…
Rolling Stones - Sticky Fingers Treacle(Amazon)

 開いた缶詰の中から人の指が現れるハッとするようなデザインです。こちらはスペインなどで販売された際のカバーアートとして使用されました。

 続いて、1972年リリースの10thアルバム「Exile on Main Street」のTシャツです。
Rolling Stones - Exile(Amazon)


 当時の写真が数多くコラージュされたデザインは古参のファンには嬉しいですね。

 1981年リリースの「Tattoo You」のジャケットもThe Rolling Stonesを代表するアートワークです。
Rolling Stones - Tattoo You(Amazon)

 Peter Corristonがコンセプトとディレクション、Christian Piperがイラストレーションを手掛けたこのジャケットはグラミー賞でBest Album Package部門を受賞しました。

 さらに1989年リリースの「Steel Wheels」のカバーアートのTシャツも…
Rolling Stones - Steel Wheels (Amazon)

 ”Tongue and Lips Logo以外のRolling Stones Tシャツ”としてコアなファンには嬉しいアイテムですね。

 ここまで紹介してきたもの以外にも、The Rolling StonesのアイテムではツアーTシャツの復刻版も人気が高いです。
 まずは、ロックの分岐点となったとして伝説化している1969年のUSツアーのTシャツです。
Rolling Stones - Stones US Tour 69(Amazon)

 ヴィンテージ・プリントでメンバーの姿が描かれた渋いデザインです。

 「Exile on Main St」がリリースされた1972年に行われたUSツアーのTシャツも、現在でも複数種類が製作・販売されています。
 まずは…
Rolling Stones - USツアー・プレーン (Amazon)

 飛行機をモチーフとしたツアーポスターがデザインされたTシャツです。機体にさり気なくTongue and Lips Logoが入っているのもポイントです。

 1972年USツアーのTシャツでは、『Tumblin Dice』(10thアルバム「Exile on Main St 」収録曲)から着想を得たダイス/サイコロのデザインも人気です。
Rolling Stones - Dice '72 (Amazon)

 こちらも”The Rolling Stonesを代表するアートワークの一つ”としてロックファンから長く愛されているアイテムです。

 同じく『Tumblin Dice』をモチーフとしたアイテムでは…
Rolling Stones - Tumblin Dice(Amazon)

 こちらも硬派なロックTシャツとなっていますね。

 他にも、1972年のUSツアーに関するデザインでは…
Rolling Stones - Vintage Tour Poster (Amazon)

 当時のポスターを再現したTシャツです。一段とレトロな雰囲気がカッコいいですね。

 更に、もう一枚、1972年のUSツアーのTシャツです。
Rolling Stones - Keith Vintage Live (Amazon)

 キース・リチャーズの横顔を映し出した文句なしにカッコいいデザインです。

 1975年のUSツアーの際の6月のニューヨーク公演のTシャツも、キース・リチャーズの姿が描かれています。
Rolling Stones - 1975 NYC(Amazon)

 落ち着きのある着こなしやすいデザインですね。ローリング・ストーンズのグッズの中では、それほど地名度は高くない”隠れた名品”という印象です。

 1976年に行われたヨーロッパ・ツアーのTシャツも是非チェックしておきたいアイテムです。
Rolling Stones - Europe(Amazon)

 5月3日のベルリンでのライブ告知ポスターがデザインされています。正面から若き日のメンバーを映した写真には痺れますね。

 では、続いては1978年リリースの14thアルバム「Some Girls」のカバーアートのTシャツを紹介します。
Rolling Stones - Some Girls(Amazon)

 「Some Girls」のアートワークを担当したのはPeter Corriston/ーター・コリストンというデザイナーで、女性用ヘアカタログにメンバーの顔写真をコラージュしたカラフルなジャケットを制作しました。メンバー以外にもルシル・ボール、ファラ・フォーセット、ライザ・ミネリ、ラクエル・ウェルチ、マリリン・モンローといった有名女優の顔写真も使用されています。しかし、無断での使用であったために訴訟を起こされ、その後はメンバー写真のみを用いたカバーアートに差し替えられました。

 そんな事情もあり…
Rolling Stones - Some Girls(Amazon)

 メンバーの顔写真のみが使用されたTシャツも制作されています。

 ここで「Some Girls」収録曲の『Miss You』をモチーフとしたTシャツも紹介します。
Rolling Stones - Miss You (Amazon)

 こちらも硬派なデザインが魅力です。

 続いて、「Some Girls」がリリースされた1978年のUSツアーのTシャツも紹介します。
Rolling Stones - Tour Poster(Amazon)

 こちらは一般的な知名度は高くない通好みなデザインかとも思われます。

 また、1978年当時のメンバーの姿が描かれたTシャツも…
Rolling Stones - 78 Band(Amazon)

 それほど有名なデザインではないものの、レトロな雰囲気が魅力のアイテムです。

 そして、「Tattoo You」をリリースした1981年の全米ツアー等で販売されたドラゴンをモチーフとしたTシャツは、”知る人ぞ知る”人気アイテムです。
Rolling Stones - Dragon(Amazon)


  絶妙にレトロな雰囲気がカッコいいですね。

 続いて、2012年に発表された3枚組ベスト盤「GRRR! 」のジャケット・デザインのTシャツです。
Rolling Stones - GRRR(Amazon)

 このゴリラのデザインもTongue and Lips Logoに勝らずとも劣らない”ロックTシャツ王道”を感じさせるデザインですね。

 2013年の7月に2日間に渡ってロンドン・ハイド・パークで開催されたメモリアル・ライヴのTシャツも要チェックです。
Rolling Stones - Hyde Park (Amazon)

 The Rolling Stonesがハイド・パークでライブを行うのは1969年7月以来44年ぶりのことでした。当時のライブはミック・テイラーのお披露目コンサートとなる予定でしたが、前メンバーのブライアン・ジョーンズが2日前に急逝したため彼の追悼コンサートとして開催されることになりました。当時のライブで白い蝶が放たれた事が有名で、2013年のライブTシャツには蝶をデザインしたものになっています。

 続いてミック・ジャガーとキース・リチャーズの2ショットやグループショットがデザインされたTシャツも一覧で紹介します。
Rolling Stones - Mick & Keith(Amazon)


 やはり画になりますね。

 次は、メンバー4人のグループショットのTシャツです。
Rolling Stones - EST. 1962 Group Photo(Amazon)


Rolling Stones - Sepia Band Stage Photo (Amazon)

 こちらも文句なしにカッコいいですね。

 ミック・ジャガー個人にスポットを当てたTシャツも…
Rolling Stones - Mick Jagger(Amazon)


 文句なしにカッコいいですね。

 更に、キース・リチャーズのTシャツも…
Rolling Stones - Keith Richards(Amazon)


 見ているだけで痺れますね。

 では、ここでレディースのアイテムを一覧でまとめておきます。
Rolling Stones - レディース(Amazon)
















 さすがに充実したラインアップですね。


 では、最後にキャップ・ネックレスも一覧でまとめておきます。
Rolling Stones - キャップ(Amazon)





Rolling Stones - ネックレス(Amazon)


スポンサーサイト

Tシャツ選びのBGM
今日のBGM
Phil Bozeman(Whitechapel)と共に『Unanswered』をプレイするSuicide Silence
検索フォーム
カテゴリ
Yes (1)
MC5 (1)
ALL (1)
Dio (1)
L7 (1)
QRコード
QR