FC2ブログ

オススメのロック・バンドTシャツ/パーカー 一覧・まとめ

通販で購入できるロック/パンク/ヘヴィメタル・バンドのTシャツ・パーカー等のグッズを一覧でまとめています

Minor Threat/マイナー・スレット


AmazonのMinor Threatストア
AmazonのMinor Threatの服&ファッション小物 一覧
オールポスターズのMinor Threat商品一覧

主なディスコ・グラフィー
Minor Threat
スタジオアルバム
1983 - Out of Step

コンピレーションアルバム
1984 - Minor Threat
1989 - Complete Discography

EP
1981 - Minor Threat
1981 - IN MY EYES
1984 - Salad Days

デモ音源
2003 - First Demo Tape

映像作品
2017 - SALAD DAYS サラダデイズ [DVD]


EGG HUNT
スタジオアルバム
1986 - Me & You / All Fall Down


Embrace
スタジオアルバム
1987 - Embrace


Fugazi
スタジオアルバム
1990 - Repeater & 3 Songs
1991 - Steady Diet of Nothing
1993 - In on the Kill Taker
1995 - Red Medicine
1998 - End Hits
2001 - Argument

コンピレーションアルバム
1989 - 13 Songs

サウンドトラック
1999 - Instrument - O.S.T.

デモ音源
2014 - First Demo

EP
1988 - Fugazi
1989 - Margin Walker
1989 - 3 Songs
2001 - Furniture


The Evens
スタジオアルバム
2005 - Evens
2006 - Get Evens
2012 - Odds
バンド略歴
 ボーカルのIan MacKaye/イアン・マッケイとドラムのJeff Nelson/ジェフ・ネルソンは、親交のあったBad Brainsの影響を受け、1979年にThe Teen Idles/ティーン・アイドルズを結成してWashington, D.C.のハードコア・シーンで活躍。そのライブ活動で得た資金を元手に1980年にThe Teen IdlesやD.C.周辺のバンドの音源をリリースするためのインディーレーベル・Dischord Records/ディスコード・レコードを設立した。
 The Teen Idlesを解散したイアン・マッケイとジェフ・ネルソンは、Lyle Preslar/ライル・プレスラー(ギター)、Brian Baker/ブライアン・ベイカー(ドラム)と共に1980年にMinor Threatを結成。1981年にはDischord Recordsから二枚のEP「MINOR THREAT」・「IN MY EYES」をリリースして人気を博し、アメリカ東海岸と中西部のツアーを敢行する。
 その後、ライル・プレスラーが大学に通うためにイリノイに移り住んだためにMinor Threatはしばらく活動を休止する。しかし、ライル・プレスラーは大学を辞めてMinor Threatを再結成することを選ぶ。新たにSteve Hansgen/スティーブ・ハンセンがベーシストとして加入し、ブライアン・ベイカーがギタリストに転向してツインギター体制となったMinor Threatは、1983年に1stアルバム EP「Out of Step」をリリース。
 「Out of Step」リリース後、スティーブ・ハンセンが脱退して再び4人編成となったMinor Threatは、音楽性の違いから1983年に解散。1983年の9月のラストライブ後にEP「Salad Days」をリリース。解散後の1989年に全ての音源をまとめた「Complete Discography」がリリースされた。
 活動は短期間だったMinor Threatだが、後のシーンに絶大な影響を与えることになった。特に、『Salad Days』の歌詞「DON'T SMOKE, DON'T DRINK, DON'T FUCK」=「タバコ・ドラッグをしない、酒を飲まない、快楽のためにSEXをしない」という考え方はストレート・エッジ思想として定着することとなる。
 Minor Threat解散後、イアン・マッケイはEgg Hunt(ジェフ・ネルソンと共作)やEmbraceを経て、1986年にFugazi/フガジを結成。その音楽性はポスト・ハードコア、エモといったジャンルの草分けとなった。更に2001年からは女性ドラマー&ボーカリストのAmy Farina/エイミー・ファリーナとのデュオでThe Evensとして活動を続ける。Dischord Recordsとしても地元ワシントンD.C.を中心にDIY思想と反商業主義を実践し続け、Dag Nasty・Jawboxら重要バンドを輩出するUSインディー・シーンを代表する最重要レーベルの一つとして世界的影響力を持つようになった。ブライアン・ベイカーはDag NastyやGovernment Issueを経て、1995年からはBad Religionのメンバーに加わった。
 2016年にはDCパンクをテーマにした映画「SALAD DAYS サラダデイズ」が公開された。
 “ハードコア・パンク史上最重要バンドの一つ”と言って間違いはないでしょう。その活動期間は小休止を含み約3年間だけで、残された楽曲も多くはないものの、ストレート・エッジ思想やDIY精神など後のハードコア・パンク・シーンに与えた影響の大きさは計り知れませんね。例えば、今では一般的に使われる“エモ”というジャンルも、スケートボード誌スラッシャーがイアン・マッケイらD.C.のハードコアパンク(EmbraceやFUGAZI)の新しいサウンドを指してemo-coreと呼んだことに由来するそうです。

 では、まずはMinor Threatのジップアップタイプのパーカーから紹介します。
Minor Threat - Blacksheep(Amazon)

 フロントにはワンポイントでバンド名が入り、バックプリントには1stアルバム「Out of Step」に描かれたブラック・シープがプリントされています。デザイン自体のカッコ良さに加え、80’sハードコア・パンクのパーカーとしても数少ない貴重アイテムです。そして、流行なんてものは完全に凌駕したMinor Threatのアイテムだけに、GETできるチャンスは逃さないでおきたいところです。

 では、ここからはTシャツを中心に紹介していきます、
 まずは、Minor Threatのバンド・ロゴがデザインされたアイテムです。
Minor Threat - Drip(Amazon)


 荒々しく無骨なデザインはMinor Threatの音楽性にピッタリですね。流行り廃りのない”絶対的な定番アイテム”として長期間愛用できるアイテムかと思います。

 同じくバンド名を全面に押し出したデザインでは…
Minor Threat - Just A(Amazon)

 フロントにはブロック体で”MINOR THREAT”の文字が入っています。そして、バックにはライブ中のイアン・マッケイの写真もプリントされています。シンプルなデザインだけに着こなしやすく、ハードコアパンクが好きなら絶対に入手しておきたいアイテムです。

 そして、Minor Threatといえば1st EP「Minor Threat」や「Complete Discography」のジャケット写真に登場する”膝を抱えた状態でうつむいて座り込む男”の姿が有名ですね。
【MINOR THREAT】マイナースレット オフィシャルバンドTシャツ(Amazon)

 パンク・ハードコアが好きな人なら一度は目にしたことがあるデザインかと思います。ちなみに、アルバムカバーに映されている顔の見えない男性の正体は、イアン・マッケイの弟のAlec MacKaye/アレック・マッケイ(Untouchables・The Faith・Ignitionのボーカル・ギター)です。

 更に…
Minor Threat - Outline(Amazon)

 その写真をスケッチしたTシャツもカジュアルに使用しやすいデザインですね。左下に控えめにバンド名が記されている辺りにもセンスが光ります。

 しかし、このポーズ一度は真似したくなりますよね…。実際、Rancidは1995年リリースの3rd アルバム「...And Out Come The Wolves」で堂々とやっています。

 ここまでストレートな愛情表現は好感が持てますね。ちなみに、RancidはFugaziの代表曲『Waitng Room』(「13 Songs」に収録)をライブでカバーしたこともあり、Minor Threat及びFugaziに対するリスペクトが半端ではない模様です。

 1981年リリースの1stEP「Minor Threat」の裏面には通称・ボトルマンと呼ばれるキャラが描かれています。
Minor Threat - Bottled Violence/Minor Threat - Bottleman(Amazon)

 ボトルマンの着ているTシャツをよく見るとSex Pistolsの文字が…。バンTの中の登場人物がバンTを着ているという珍しいデザインになっています。

 続いては、1981年リリースの2nd EP「In My Eyes」のTシャツを紹介します。
Minor Threat - In My Eyes/Minor Threat - Xerox(Amazon)

 こちらはレコード裏面にプリントされたグループショットで、ストレートにカッコいいデザインですね。

 「In My Eyes」のレコードの表面のアートワークも…
Minor Threat - In My Eyes(Amazon)

 かなりカッコいいデザインのTシャツに仕上がっています。

 マイナー・スレットのアートワークでは、活動休止期間を経て1983年にリリースされた1stアルバム「Out of Step」のジャケットに描かれた羊のデザインも有名ですね。そのTシャツもパンク/ハードコア好きを自負する人にとっては必須のアイテムかと思われます。
Minor Threat - Sheep/Minor Threat - Out of Step(Amazon)



 白い羊の群れから飛び出す黒い羊(ブラック・シープ)…このデザインに見覚えのないパンクスはいないと思います。ファッション雑誌なんかで紹介されている事もあったりして、マイナー・スレットを知らない人でも着ている事も多いのかなと想像されます。白地のTシャツはインナーとして着用するのもオシャレです。

 さて、この「白い羊の群れとそこから飛び出していく黒い羊」を描いたのは、Dischord RecordsのスタッフだったCynthia Connolly/シンシア・コノリーという女性写真家兼グラフィック・デザイナーです。Bad BrainsやMinor Threat等を中心にしたD.C.ハードコア・シーンの写真を撮り続けた彼女が「OUT OF STEP」のアルバム・カバーを制作したのは、まだ19歳の時だったとのことです。
 ちなみに、シンシア・コノリーは1988年にDCハードコアシーンに関する写真集を発表しています。
Banned in D C: Photos and Anecdotes from the Dc Punk Underground

 少し昔の作品なので市場価格はお高めです…。

 更に「Out of Step」のタイトルの入ったTシャツでは…
Minor Threat - Out Of Step Photo (Amazon)

 メンバー写真の使用されたコチラのTシャツもハードコア・テイストが溢れる一枚です。

 では続いて、マイナー・スレットの最後の作品となった4thEPの「Salad Days」のTシャツです。
Minor Threat - Salad Days(Amazon)

 1983年9月23日に行われたマイナー・スレットのラスト・ライブでは、最後に『Salad Days』が演奏されたそうです。
 「Salad Days」のEPのカバー写真はGlen E. Friedman/グレン E.・フリードマンにより撮影されたものです。グレン E.・フリードマンはFugazi・Black FlagDead KennedysCircle Jerks・Minor Threat・MisfitsBad Brains・ Beastie Boys・Run-D.M.C.・KRS-One・Public Enemy etc…とパンク・ヒップホップの原点を撮影し続けてきた著名な写真家です。彼の作品を集めた写真集では、1994年に発売された「Fuck You Heroes」、そして2014年に発売された「My Rules」などが世界中のスケート・パンク・ヒップホッップといったカウンターカルチャーのファンに愛されています。
Glen E. Friedman(Amazon)

 興味がある方はこの機会に是非。

 ここで、「Salad Days」のパロディTシャツも一枚紹介します。
Texas Chainsaw Massacre Salad Days (Amazon)

 映画「The Texas Chain Saw Massacre/悪魔のいけにえ」の公開40周年を記念して制作されたTシャツです。コアな映画&ロックファンならば、思わずニヤリとしてしまうアイテムですね!!
 

 そして、イアン・マッケイが主宰するDischord Recordsのパーカー・スウェット・Tシャツも一覧で紹介しておきます。
Dischord Records(Amazon)












 Teen Idlesに始まり、1980年代前半にはMinor ThreatだけでなくGovernment Issue・SSD・Screamとハードコア・パンク・バンドの音源をリリースし、1980年代後半はFUGAZIを筆頭にEmbrace・Dag Nasty・Rites of Spring・Jawboxなどを輩出してエモ・ポストハードコアの源流も作った超重要インディーレーベルがディスコードです。そのTシャツ等のグッズはかなりレアです!!

 では、続いてMinor Treat解散後にイアン・マッケイがジェフ・ネルソンと共に結成したEgg HuntのTシャツも紹介します。
EGG HUNT(Amazon)

 シンプルだけどもスッキリとしたデザインが魅力的ですね。知らない人が見れば何の変哲も無いTシャツなのでしょうが、ハードコア好きからすれば喉から手が出る程のアツいアイテムです‼


スポンサーサイト

[ 2019/03/22 20:37 ] ハードコアパンク Minor Threat | TB(-) | CM(-)
Tシャツ選びのBGM
今日のBGM
Traveling Wilburysの『Handle With Care』をプレイするTom Petty and The Heartbreakers
検索フォーム
カテゴリ
Yes (1)
MC5 (1)
ALL (1)
Dio (1)
L7 (1)
QRコード
QR